社会医療法人社団 三思会 求人案内 交通アクセス 無料バス時刻表 各施設連絡先一覧 お問い合わせ 三思会トップページ
東名厚木病院 とうめい厚木クリニック 人工透析センター 愛川クリニック 健診センター 介護老人保健施設さつきの里あつぎ 訪問看護ステーションさつき 訪問看護ステーションもみじ 厚木市南毛利 地域包括支援センター 居宅介護支援センター

東名厚木病院
文字サイズの変更 文字を小さくする 標準 文字を大きくする

病院の理念
院長紹介
病院概要
病院のご案内
診療科のご案内
看護部
救急部
放射線科
薬剤科
臨床工学科
栄養科
摂食嚥下療法科
治験事務局
医療安全管理室
診療情報管理室
地域連携課
医療福祉相談室
臨床研修医募集のお知らせ
広報誌
登録医のご紹介
お問い合わせ
トップページ


摂食嚥下療法科


1.摂食嚥下療法科の基本方針
2.当院における摂食嚥下チームの構成職種
3.主な取り組み内容

摂食嚥下療法科の基本方針


摂食嚥下療法科の基本方針

当院における摂食嚥下チームの構成職種


当院の摂食嚥下チームは、摂食嚥下療法科スタッフ、各専門職種により構成されています。メンバーは、医師、各病棟看護師、リハビリ(PT、OT、ST)、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、ソーシャルワーカーです。

各部署の代表が、摂食嚥下委員会の委員として、チーム活動に力を入れています。

委員会は毎月第1火曜日、摂食嚥下チーム回診は毎週月曜日に行っています。

当院における摂食嚥下チームの構成職種

主な取り組み内容


摂食嚥下ケア介入の流れ


当院での摂食嚥下ケアの流れを下図に示しました。

入院と同時に主治医のオーダーのもとで、摂食嚥下ケアが開始されます。

まず、嚥下評価を行い、患者さまの状態に合わせた対応を行っていきます。

私たち摂食嚥下療法科では、積極的なアプローチと同時に、リスク管理と丁寧な摂食嚥下ケアを重視しています。

■当院における摂食嚥下ケア介入の流れ

摂食嚥下ケア介入の流れ

■「摂食機能療法」とは

「摂食機能療法」とは

嚥下訓練入院の対応


当院での摂食嚥下ケアの取り組みとして、地域や他施設からの嚥下訓練入院の短期受け入れを行っています。

これまでの5年間で約100人の嚥下訓練入院の患者さまに対応しています。「食べることは難しい」と判断された方の中には、適切な訓練を行うことで再び口から食べることが可能な方もいます。

入院期間は1週間から2週間の短期入院で、ご家族、関連施設との連携を重視した退院指導、退院時カンファレンスを行っています。

ただし、受け入れには条件があります。

■嚥下訓練入院の受け入れ条件

  1. 診療情報提供書
  2. 嚥下訓練終了後、現在の場所に退院後も戻ることができる
  3. ご家族が食事介助指導を受けることができる
  4. 施設や病院の場合、当該施設での継続支援が退院後も可能
  5. 当院で行う退院時カンファレンスへの同席(ご家族、関係者)

摂食嚥下チーム主催の勉強会について


■東名厚木病院摂食嚥下チーム主催「勉強会のおしらせ」

平成28年度勉強会の日程とテーマをお知らせいたします。
今年度は7月からのスタートとなります。
「口から食べる」ことに対する取り組みに興味がある方、実際に取り組んでいる方、これから頑張りたい方、院内・院外から大勢の方々のご参加をお待ちしております。

院外の方の参加申し込みについては、事前申し込みとなりますので、よろしくお願い申し上げます。

今年度から神奈川県看護協会の施設オープンセミナーにも登録しています。明日からの実践にすぐに活かせる内容ですので、ぜひご参加ください。

■平成28年度摂食嚥下チーム勉強会の日程

  • 今年度の勉強会は、年間4回を予定しています。
  • 場所は、とうめい厚木クリニック5階会議室となります。
  • 開始時刻17時45分、終了時刻19時を予定しています。
  • 院外からの申し込みは、開催日3日前までとしています。
  • 申し込みは、担当者の芳村(摂食嚥下療法科)までメールにてご連絡ください。
  • 参加費は無料ですが、駐車場をご利用の方は割引がありますので、受付時に駐車証をご提示ください。

連絡先メールアドレス

勉強会の日程

外部からの研修受け入れについて


院外からの研修受け入れを行っています。
摂食嚥下療法科での研修となりますが、受け入れに関しては看護部で調整を行います。
なお、研修相談の窓口は、摂食嚥下療法科課長芳村が担当しています。

連絡先メールアドレス

このページの先頭へ


個人情報保護方針 | リンク集 | サイトマップ Copyright (C) 社会医療法人社団 三思会 All rights reserved.