社会医療法人社団 三思会 求人案内 交通アクセス 無料バス時刻表 各施設連絡先一覧 お問い合わせ 三思会トップページ
東名厚木病院 とうめい厚木クリニック 透析センター 愛川クリニック 健診センター 介護老人保健施設さつきの里あつぎ 訪問看護ステーションさつき 訪問看護ステーションもみじ 厚木市南毛利 地域包括支援センター 居宅介護支援センター

東名厚木病院透析センター
文字サイズの変更 文字を小さくする 標準 文字を大きくする

センター紹介
診療案内
サービス
治療内容
スタッフ紹介
お問い合わせ
トップページ


センター紹介


透析治療について


腎臓の働きが低下して、血液を自力で浄化できなくなり、水分・老廃物・電解質などの調整が十分にできなくなった状態が腎不全です。
糖尿病、慢性腎不全、高血圧などの原因から腎不全に進展した場合は、腎臓の機能を助けるために透析治療が必要となります。
透析治療を必要とする方は、今や全国で28万人を超え、今や国民470人に1人が受けているごくありふれた治療となっています。

当院では、昭和62年(1987年)から透析医療を始め、多くの経験と実績をもち透析の導入から維持まで、きめこまかい指導を行っています。また教育関連施設として登録されており、透析従事者の教育・指導にも力をいれています。
さらに、東名厚木病院での入院体制が完備していることから、合併症発症やシャント作成の際など安心して治療を受けられます。また、入院中の患者様教育や指導も行っています。午後の透析も充実していますので多くの透析患者様が社会復帰をされています。
当病院では、透析室内の見学が可能です。その他当院の透析治療に関するご質問などがありましたら遠慮なくご一報下さい。

設備概要



  1. 外来患者様用ベッド数 48床+入院患者様用ベッド数5床
    広く明るいフロアーにて透析治療がうけられます。

  2. 透析用ベッド
    一部電動ベッドがあります。高齢の方には、低床ベッドをご用意しています。

  3. テレビ:ベッドごとに液晶テレビを設置 (無料)しています。
    各ベッドには透析中くつろいでお過ごしいただけるよう、テレビが設置され、自由に観ていただいています。

  4. ロッカー・下駄箱
    患者様ごとに、専用のロッカー(鍵付)と下駄箱をご用意しています。

  5. 連絡について
    相談・連絡などのときは、直通電話にて透析室スタッフが対応します。
    透析室直通番号:046-229-1939


透析センター概要


透析センター概要 東名厚木病院の右奥に透析センターの入口があります。
入口付近には介助を必要とする患者様用に、透析センター専用の車椅子があります。
どなたでも御自由にお使いいただけます。

透析センター入口を入ると、左手に靴箱があります。
患者さん個々の靴箱です。ここでスリッパに履き替えます。

透析センター概要 エレベーターまたは階段にて、2階にあがります。

透析センター概要 2階に到着したら、自動ドアがあり、入ってすぐ待合室があります。右側が更衣室、左側が透析室です。

透析センター概要 更衣室でパジャマに着替えていただきます。
患者様個々のロッカーがあり、貴重品を入れられるように、鍵がついています。

透析センター概要 着替えが終わったら、入口前で手を洗い、透析室に入ります。

透析センター概要 透析室の入口に体重計があります。ここで透析前に体重を測定します。

透析センター概要 車椅子の方は、車椅子専用の体重計があります。

透析センター概要 透析室の中です。テレビは液晶モニターで、無料でテレビを見る事ができます。
音はイヤホンで聞いていただきます。

透析センター概要 入院が必要となる患者様は、入院透析室にて透析を受けていただきます。
臨床工学技士と看護師が常時1名ずつ担当いたします。

透析センター概要 食事は透析患者様専用の食堂にて召し上がっていただきます。
食堂には、流しやウオーターサーバーがあります。


このページの先頭へ


個人情報保護方針 | リンク集 | サイトマップ Copyright (C) 社会医療法人社団 三思会 All rights reserved.