お知らせの記事一覧

1都3県対象の緊急事態宣言発令に伴うお知らせ

2021/1/9

新型コロナウィルスの感染者拡大により、本年1月7日に1都3県に緊急事態宣言が再発令されたことに伴う、マザーホーム戸室の感染対策の取り組みを事業所ごとにお知らせします。

訪問看護ステーションもみじ

訪問看護ステーションもみじでは、感染対策を強化し通常訪問を継続します。
また、新規利用者の受け入れも通常どおり行います。

風邪症状、呼吸器症状、発熱など、普段と違う症状のある場合には、必ずステーションへのご連絡をお願いいたします。
利用者ご本人だけではなく、ご家族にも同様の症状があったり、PCR検査対象者や職場や学校等で濃厚接触者となった場合にも、すみやかにご連絡をお願いいたします。

これまでどおり、訪問当日にお電話で体調確認をさせていただきます
普段と違う症状がある場合や、ご家族で体調不良の方がいる場合など、状況の変化があった場合には、相談の上、訪問をキャンセルまたは時間調整をさせていただきます

訪問時は、以下の感染対策を行います

1 フェイスシールド、マスク、エプロンの装着
2 手洗い、手指消毒の徹底
3 発熱者や接触機会の多いケアが必要な場合は、袖付きの使い捨てエプロン、グローブ、キャップを追加して装着します
4 室内の換気をお願いすることがあります

予断を許さない状況ですが、一人ひとりが予防策を徹底し、営業を継続できるよう努力してまいりますので、皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。
緊急事態宣言発令に伴い、訪問看護の一時休止をご希望の方は、ご相談に応じますのでご連絡ください。

 

サービス付き高齢者向け住宅 マザーホーム戸室

マザーホーム戸室は、お住まいであるため、ご家族の訪問や各種サービス提供者の立ち入りは制限しておりません。しかし、立ち入りに当たっては、次のような予防措置を取らせていただいています。
1 マスクの装着
2 非接触型体温計による体温測定⇒37度以上の方の立ち入りはお断りいたします。
3 訪問記録の記入⇒所定の用紙に住所、氏名、連絡先等をご記入いただき、万が一の感染の場合にご連絡いたします。
4 アルコール消毒の徹底⇒正面入り口、3階、4階それぞれに消毒用アルコールを設置いたしましたので、必ず消毒を終えてから入っていただきます。
5 1月7日から戸室のひろばの地域開放は、停止しました。再開は未定のため、予約の受付もいたしません。

このほか、安否確認として職員が行っている7時、13時、21時の巡回時には、マスク、フェイスシールド、ガウン、プラスチックグローブを装着し、エレベータボタン、手すり、ドアの把手の消毒と居住者の皆さんの体温測定も実施しております。
このように持ち込ませない、持ち出させないための方策を取っておりますが、なにより大切なことは、皆さんお一人お一人の強い意志と意識の向上により、り患や拡散を防ぐとこができるものと考えております。
どうか、このつらい時期を皆さんのお力で何とか乗り切り、明るく楽しい生活が一日でも早く戻るよう、ご協力をお願いします。

 

看護小規模多機能型居宅介護事業 いわしぐも

1都3県を対象に緊急事態宣言が再発令となりました。
厚生労働省は介護事業者に対し、十分な感染対策をした上で、サービスの提供するよう求めています。
いわしぐもでは、職員一同これまで以上に感染防止対策を徹底し、通常の営業が出来るように努力してまいりますので、皆様のご理解、ご協力お願いいたします。

ご利用にあたってのお願いといたしまして、日ごろからの体調管理と発熱や喉の痛み、咳、風邪症状がある場合は、ご来所をお控えいただきますようお願いいたします。
また、同居されるご家族様、職場、学校などでPCR検査の対象となった場合には速やかにご連絡をお願いいたします。

なお、来所されてから体調不良や発熱(37.5度以上)がある場合は、ご相談させていただいた上、ご利用をお控えいただく場合があります。

* ご利用前にはご本人だけではなく、ご家族様にも体温測定をしていただいています。
* マスクの着用
* 手洗い・手指消毒の徹底
* 事業所内の換気と消毒
* 送迎時の車内の換気と車内の仕切りアルコール消毒
* 食事の際はできるだけ利用者の間隔を開け、アクリル板で飛まつ予防をしています。

職員に関しましては、体調管理はもとより、毎日の体温測定と行動記録、マスクの着用、フェイスシールドの着用、排泄介助時のビニルエプロンの着用、消毒を徹底し、感染予防に努めてまいります。

 

多機能型事業所にじいろ

新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い第2回目の緊急事態宣言が発出され、厚生労働省より障害福祉サービス事業所に対して、感染防止対策を徹底しながらサービス提供を継続し、利用される方々の生活を支えるよう求められています。

多機能型事業所にじいろでは、ご利用者様、ご家族様、職員等、すべての方の健康と安全を考慮し、皆様の協力を得ながら、以下のような感染防止対策の徹底を図り、営業を継続しております。また、通所が不安な場合には、代替え支援として訪問でのサービス提供も行なっています。

 職員の感染防止対策について
-出勤前後の体温測定や健康状態管理を徹底し、報告義務としています。
-個人防護具(マスク、フェイスシールドまたはゴーグル、ガウン、グローブ)を着用し、利用者様ごとにガウンの交換や、1ケアごとの手洗いを行なっています。

 事業所等環境の感染防止対策として
-1日2回、室内の清掃と拭き掃除と、常時換気を行なっています。
-利用される方々の距離を1m以上保ち、難しい場合は仕切りを使用してゾーンニングを行ないます。
-送迎車内の仕切りの利用や常時換気を行ない、送迎後の消毒などを行なっています。

 利用者様やご家族への感染防止対策のお願いについて
-発熱やのどの痛み、咳等の風邪症状がある場合はご来所をお控えいただくようお願いしています。
-送迎車への乗車前や入室前に体温測定や体調の確認をさせていただいています。
-利用者様にはマスク着用を原則としておりますが、難しい場合には仕切りを利用させていただいております。
-その他、ご家族等に体調不良や感染疑いがある場合についてのご連絡をお願いするとともに、当事業所職員が感染疑い等ある場合などは急きょ営業自粛となる場合があることをご承知おきください。

利用者様をはじめ、皆様におかれましては不安な日々を過ごされていると思いますが、少しでも現状の生活を安心して、豊かさを継続できるように、対策を徹底してまいります。また、現状では、誰が感染してもおかしくない状況です。皆で声を掛け合い、様子を報告し合い、ともに支え合っていきたいと思っております。

夏祭りのお知らせ

2019/8/28

今年も夏祭りを開催致します!

 

日時:令和元年9月15日(日) 11時~14時

場所:マザーホーム戸室

 

飲食コーナーやステージ等の催し物もあります。

詳しい内容は下記の「夏祭りのご案内」をご覧ください。

★今年度も募金のお願いをしております。集まった募金は善意銀行へ寄付させていただきます★

 

ご来場お待ちしております!

 

夏祭りのご案内

ひな祭り!

2019/3/12

3月は、女の子の節句として「桃の節句」がありました。

にじいろ女子が幸せな人生を送れるように、にじいろ一丸となって取り組みました。

 まずはひな人形制作です!ローラーを使って着物づくり、うまくできました!

  

 

お供えの菱餅は、2月の餅つきで一生懸命作りました!

餅をついて・・・       ひし餅を握って・・・

   

 

みんなで飾って完成です。  ひし餅も飾りました!

     

 

素敵な一年になりますように!

第2回地域公開講座のお知らせ

2018/11/8

複合型施設マザーホーム戸室では、平成30年11月17日(土)13時より第2回地域公開講座を開催させていただきます。テーマは「防災」として、厚木市 危機管理課長の佐藤様をお招きし、講演をお願いしています。また、防災関連用品の紹介や企業展示も行っていく予定です。詳細は添付いたしました、地域公開講座ポスター、プログラムをご参照ください。当日は、備蓄食料の試食なども準備させていただきます。

皆様、ふるってご参加ください。

尚、当日は駐車場の準備はございません。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
最寄バス停は、神奈中バス「戸室神社下」下車、徒歩3分程度、もしくは「愛甲病院前」下車、徒歩5分程度です。

公開講座ポスター

当日プログラム

看護小規模多機能型居宅介護事業所いわしぐも 空き状況

2018/7/3

要介護3・要介護4・要介護5  各1名づつ応相談となっております。

いわしぐも、管理者・ケアマネージャー 山田までお問い合わせください。

3/17 マザーで学ぶ日を開催しました

2018/3/19

 マザーホーム戸室の施設の概要を知っていただくとともに、講座、落語、ストレッチのイベントを組み合わせた「マザーで学ぶ日」を開催しました。
 当日は、晴天の土曜日の午後にもかかわらず、10人の見学者があり、楽しい、充実した時間を過ごしていただきました。
 「認知症と向き合うコツ」の講座に興味を持たれ、質問をされる方、落語「牛ほめ」で楽しげに聞き込んでいられる方、ストレッチで頑張った方、サービス付き高齢者向け住宅の設備やサービスに質問をされる方などと、参加していただいた皆さん方には、今回のイベントに対してそれぞれの興味のある課題をお持ちになってお越しいただいた様子でした。


”マザーで学ぶ日”を開催します。 

2018/3/2

 サービス付き高齢者向け住宅 マザーホーム戸室の施設見学と併せて、「認知症のお話」、「落語」、「簡単ストレッチ」などの催し”マザーホーム戸室で学ぶ日”を開催いたします。
 バリアフリーのマザーホーム戸室、市内で唯一の看護小規模多機能型居宅介護事業 いわしぐもを見学することで、地域包括ケア社会の理念である「要介護状態になってもその人生の最後まで、自分らしく生きる」ことが可能になると実感していただけると思います。
 どうぞ、お誘いあわせの上、ご来場ください。
 なお、この催しは、事前申込制とさせていただきますので、参加を希望される方は、
046-222-7755 加藤までご連絡ください。

日時
 平成30年3月17日(土)午後1時半から
場所
 マザーホーム戸室(厚木市戸室1-29-1)3階ラウンジ
内容
・認知症を知り、向き合うコツ
 看護小規模多機能型居宅介護事業 いわしぐも管理者 山田豊美
・バリアフリールーム見学
・落語 噺亭傾聴 師匠(市内在住 水野晴彦さん)
 視覚障害を乗り越えて、傾聴ボランティアや趣味の落語で活躍
・自宅でできる!簡単ストレッチ
 訪問看護ステーションもみじ 理学療法士 兼子 健
問合せ 046-222-7755

  詳細は、下のリンクでご覧ください。

マザーで学ぶ日

マザーホーム戸室 外壁の色変更について

2018/2/15

平成28年4月1日に開設以来、マザーホーム戸室の外壁の色は、ピンクでしたが、やや色あせが目立ってきたため、オーナーのご厚意で色の塗り替えが行われました。
3年目に向けての外壁の色は、アイボリーと黄色の中間色。東名厚木病院の4号館(新館)と同じ色になりました。
これまで、地域の中で特徴ある色で目立ってきましたが、今後はより一層、安定した活動を続けていくためにも、職員一同、この色と協調しながら確実な事業を進めてまいります。

マザーホーム戸室ピアノコンサート

2017/12/29

サービス高齢者住宅にお住まいの方より、にじいろへ
ピアノを頂きました。

にじいろでは、ピアノの音が響き、皆癒され、楽しい時間を過ごせるようになりました。

感謝の気持ちこめてピアノコンサート開催いたしました。
「楽しいひと時をすごせました。」
「心のこもったピアノ演奏にとても感動しました」等のご感想を頂けました。
またの機会をお楽しみに…。

 

ホームページをオープンしました

2016/12/27

マザーホーム戸室のホームページをオープンいたしました。

パソコンのほかスマートフォンやタブレットでも快適な閲覧が可能ですので、見やすく便利にご利用いただけると思います。 これからも地域に根ざしたサービスを提供してまいりますので、ホームページ共々よろしくお願いいたします。