来院される皆様へ

患者さんの安全のために

「これから医療を受けるみなさまに」

入院された患者さんが安心して入院生活が受けられるよう、職員一同安全な医療提供を目指しております。
その為には、患者さんにも知っていていただくと安心なことがあります。
安全な医療を受ける為に、気をつけて欲しい9項目のポイン卜があります。
患者さんとともに医療安全について考え、一緒に医療事故を防ぎたいと考えております。

1.名前を伝えましょう!確認しましょう!

入院されるとリストバンドを装着していただきます。リストバンドには患者さんのID、名前、年齢、性別が記載してあります。まずは、ご自身のリストバンドを確認しましょう。
入院されると、点滴や飲み薬の開始や検査が行われるなど、さまざまな処置が行われます。処置の前に、必ず、リストバンドを確認します。 その際に患者さんが協力されることで、さらに安全性が高まります。
ぜひ、声に出してご自身の名前を確認してください。


2.転倒・転落を予防しましょう!

慣れない環境は、様々な危険が潜んでいます。入院生活は、今までとは大きく違います。ベッドでの生活であり、集団生活です。また、治療のために食事が食べられなくなる、点滴が24時間行われる、検査があるなど今までの生活とは大きな違いがあります。
病気の為に熱や痛みがあり、体力が落ちることもあります。また、高齢の方は、入院がきっかけで認知症状がでる方もいます。今まではできていたことができなくなることもあります。今までとは、「ちがう」と言うことを認識して療養しましょう。ベッドの高さを低くする、床に物は置かないなど安全に注意していきます。入院されますと安静を余儀なくされることも多く、筋力も低下します。状態が安定しましたら、散歩をするなど筋力アップに努めましょう。また、スリッパ使用にてすべった、スリッパに引っ掛かった、などによる転倒ケースが報告されています。
入院中に履く靴は、普段履きなれた、かかとを包み込む、すベりにくい、サイズのあった靴を履き、転倒に注意していきましょう。


3.お薬の間違いを防ぎましょう!

お薬IMAGE

入院されますと、薬による治療が主になります。入院前に飲んでいた薬が中止になったり、変更になることもあります。
病棟には薬剤師がおりますので、わからないこと、疑問に思ったことは確認しましょう。また、入院中に薬を飲むことは、医師の指示が必要です。家で飲んでいた 薬は必ず確認をしてから服用しましょう。
薬を渡されたら、名前、服用方法、内容を確認しましょう。
「あれっ?」と思ったらまずは確認しましょう。


4.医師が回診に来たときは、自分の状態をしっかり伝えましょう!

医師は、毎日回診にきます。(日曜日、祝日は行わないこともあります)ご自身の身体の事、疑問に思ったこと、わからないことは、回診時に確認しましょう。
疑問に思ったことは、メモにとるなどしていると聞き忘れた!ということが少なくなります。
また、看護師は24時間おります。
わからないこと、疑問に思ったことは、すぐに確認しましょう。


5.医療従事者からの説明は充分に聞きましょう!

診察IMAGE

入院されると、入院診療のため計画書を含めさまざまな説明があります。
また、検査・手術をされるときは、必ず医師からの説明があり同意書にサインしていただきます。
説明時には、メモをとるなどして説明を受けましょう。
わからないこと、質問したいことがあったら、遠慮せずにその場で聞きましょう。

確認しておきたいこと
  • 症状の原因と治療内容
  • 診断した内容(病名など)
  • 検査内容や治療の目的と予想される結果
  • 治療に伴う副作用と体の変化
  • 治療にかかるおおよその期間と費用
  • 日常生活で注意すること  など

6.これでいいのかな?と思ったら確認しましょう!

当院では、細心の注意を払って安全な医療の対策を進めておりますが、医療の事故を防ぐためには、患者さんやご家族の協力が必要です。
わからないことや、少しでも「変だな」と感じたときは、必ず質問しましょう。
また、危険なものを見つけたり、「ヒヤットした」、「ハットした」経験をしましたら、危険を防ぐために医師や看護師、薬剤師などの医療者にご連絡ください。当院の医療安全向上にご協力お願いします。
(1号館2階安全管理室前にご意見箱があります)


7.入院されたときから退院後のことを考えて準備しましょう!

当院は急性期病院のため、医師が「病状が安定した」と判断した時点で退院となります。
病状によっては、日常できていたことができなくなったり、病気を抱えながら生活に戻らなければならないことがあります。
病棟ごとに相談の担当者をもうけております。心配なこと、不安なことがありましたら、遠慮なく看護師など医療者へご相談ください。また、退院後の不安を相談出来る窓口として患者総合支援センターがあります。ご活用ください。
安心して退院が出来るように準備をしましょう。


8.かかりつけ医療機関を持ちましょう!

かかりつけの医療機関を決めておくと、過去の病歴や他科受診の有無などがすぐに確認できます。
病気のことだけでなく、薬や食べ物によるアレルギーの有無、生活習慣などの情報も記録されるので安心です。


9.医療機関を受診するときはマナーを守りましょう!

医療スタッフIMAGE

病院、医療機関は多くの方が利用されます。
皆さんが気持ちよく利用できるためにも一人ひとりがマナーを守ることが大切です。
施設内には決まりごと(受診時間、面会時間、携帯電話使用…など)があります。他の患者さんや職員に対して迷惑になる行為を行わないようにしてください。
また、見かけた方は、職員にお知らせください。

皆様が安心して療養できるようご協力をお願いいたします。

入院中の「静脈血栓塞栓症(VTE)予防」について

エコノミークラス症候群をご存知ですか?

エコノミークラス症候群(旅行者血栓症、ロングフライト症候群)は、飛行機の狭い座席に“長時間同じ姿勢で座り続ける”ことで、脚(あし)の静脈の流れが滞り血栓を生じ(深部静脈血栓症)、その血栓が血流に乗って移動して、肺の血管に詰まり「肺血栓塞栓症」(以下、肺塞栓症)をきたし、胸痛や呼吸困難、最悪の場合心肺停止にいたることが知られています。
この一連の病態を静脈血栓塞栓症(VTE)と呼ぶことも多くなっています。
大きな「肺塞栓症」は、発症すると死亡率の高い病気であり、入院中や手術中・手術後には血栓ができやすくなるため、その予防が大切です。 この病気を100%防ぐことは困難ですが、できるだけ起こさないよう医療従事者も取り組んでおります。血栓ができないようにすることが大切であり、そのためには患者さんのご理解とご協力が必要となります。

静脈血栓のできる3大要因

①血液の流れがうっ滞する

入院中の運動量低下、手術・検査・治療などによって安静を余儀なくされ、寝たきりや座位の状態が長時間続くと、あしのポンプ機能が弱まり血液が心臓に戻りにくくなります。

②血液が固まりやすくなる

下記のようなことから血液が固まりやすくなります。

  • 高齢の方(60歳以上)
  • 広範な手術(長時間の手術)
  • 長期臥床
  • 外傷や骨折(ギブス固定)治療中
  • 心臓の病気がある方
  • 静脈血栓の既往のある方
  • 悪性腫瘍の方
  • 脱水状態
  • 運動能の低下(寝たきり、四肢麻痺など)
  • 車椅子の長時間座位(下肢下垂)
  • 肥満(標準体重を大きく越えている方)
  • 経口避妊薬を服用している方
  • 妊娠している方
  • 血液が固まりやすい体質(血栓性素因)

  • 肥満
  • 脚の骨折
  • 手術後
  • 長期病臥
  • 加齢
  • VTE既往

③血管の壁に傷がつく

手術、外傷、侵襲検査、感染症、炎症、抗がん剤など、様々な原因で血管の壁に障害が起こると、血栓が形成されやすくなります。


症状

深部静脈血栓症
あしが腫れる、押さえると痛む、皮膚が赤くなる、むくむなどの症状がでることがあります。はっきりとした症状が現れない場合もあります。何か異常に気がついた時には、医師・看護師に知らせてください。
肺塞栓症
血栓が小さければ症状が現れないこともありますが、息切れ、胸やけ、咳、痰、冷汗、発熱、動悸や頻脈(脈が頻回になる)などの症状がみられます。
大きな血栓の場合には、呼吸困難、意識低下、ショック状態などに陥り、心肺停止にいたることもあります。

肺血栓塞栓症が起こった時の症状


4つの予防方法

病状や手術により「予防法」について医師や看護師がご説明します。相談の上、実施してください。

①「早期離床」と「あしの運動」 ★最も重要な予防法です!★

長時間同じ姿勢でいることを避け、あしの血流を促すふくらはぎの筋肉ポンプ運動を行いましょう。あしの運動がご自身で行えない場合には、他者の協力を得て行いましょう。
  • 歩行をこころがけましょう。
    ※安静後、初めて歩くときには、必ず看護師と一緒に歩行しましょう。
  • 足首の運動(底背屈)を積極的に行いましょう。

②下肢挙上(あしを上げる)

  • 「ふくらはぎ~かかと」まで全体を枕に乗せ、苦痛でない程度に、高く保ち休みましょう。
  • ひざ(膝)の下だけに枕を入れないよう、膝より“かかと”が低い位置に落ちないよう配慮しましょう。
  • 車椅子乗車など座位による長時間の下肢下垂を避けましょう。

③あしの圧迫法

あしの血流のうっ滞予防と血流を促進するために、圧迫法を併用する場合があります。「弾性ストッキング」「弾性包帯」「間欠的空気圧迫法(空気圧ポンプ)」の種類があり、あしに段階的な圧迫力を加えます。
  • あしの炎症、皮膚障害、動脈硬化、既に生じている血栓の状態などにより、使用が適さない場合もあります。あしの圧迫が必要な場合には、状態に適した方法を医師・看護師が実施しますので、説明に従ってください。
  • 十分に歩行が可能になるまで継続します。(歩行開始後も継続が必要なこともあり、指示に従ってください。)

④抗凝固療法

  • 血栓の予防や治療に、血液を固まりにくくする薬(抗凝固薬)を使用する場合があります。必要な場合には、医師・看護師が実施しますので、説明に従ってください。
  • 血が止まりにくくなるため、転倒や怪我、打撲などに注意しましょう。何か異常に気がついた時には、医師・看護師に知らせてください。

脱水予防のため、適度な水分補給をこころがけましょう。

入院中の治療や生活が安全に行われるよう、病院では様々な対応をいたします。
わからないことやお聞きになりたいことがありましたら、担当の医師・看護師にお尋ねください。

せん妄の予防と対策について

せん妄は入院している患者さんの20~30%にみられる症状です。
せん妄は認知症と異なり、一時的なもので、適切な対処をすることで改善することができるとされています。
せん妄の予防と対策には、ご家族の理解と協力が必要になります。早期に発見し治療するためにせん妄の症状や対策について考えていきましょう。

せん妄の症状

せん妄の症状


せん妄と認知症の違い

  せん妄 認知症
発症 急性 慢性
経過 一時的 持続
症状変化 あり(夜間に悪化) 1日中変化なし
意識 混濁(注意力低下) あり

せん妄になりやすい人・原因

直接因子
  • 全身状態の変化(脱水、感染、低栄養、貧血など)
  • 入院前に使用していた薬の中断、新たな薬の開始
  • アルコールからの離脱
誘発因子
  • 入院などによる環境の変化
  • 騒音や照明による睡眠不足
  • 不安などの心理的ストレス、痛みなどの身体的ストレス
  • 眼鏡や補聴器の不使用による感覚遮断
  • 安全帯などの使用による拘束
準備因子
  • 高齢
  • 脳梗塞や脳出血の既往
  • 認知機能低下
せん妄の原因1

せん妄の原因2


せん妄の治療

せん妄はもともとの病気と密接に関係しています。
原因となる病気の治療が大切です。また、せん妄症状の改善のため以下のようなことを行います。
  • 興奮しているのを落ち着かせたり、夜に眠れるような薬の使用
  • 痛みなどの不快な症状の緩和
  • 昼夜リズムの改善
  • 普段慣れた環境に近づける
  • 安全を守るための最小限の身体拘束

ご家族へのお願い

患者さんが混乱している時は、ご家族がそばにいるだけで患者さんは安心されますので付き添いなどの協力をお願いいたします。
  • つじつまの合わない話があっても無理に正す必要はありません。いつも通りのおちついた声掛けをお願いします。
普段に近い環境にするために以下の物の準備をお願いすることもあります。
  • カレンダー・時計
  • 患者さんが普段使用しているもの
  • 患者さんの趣味の道具(本、ぬりえ、パズル、囲碁など)

当院では精神科医師を中心に「せん妄・認知症ケアチーム」活動を行っております。
様子が普段と違うこと等がありましたら、遠慮なく看護師にお申し出ください。
専門医と相談しながら対応していきます。

Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.