三思会

理念・ごあいさつ

理念

理念

ごあいさつ

各診療科の壁がなく、自由な交流が特徴です。
当院は、上記理念を目標にして昭和56年に開設した医療機関です。地域の中核病院として急性期医療を担っています。厚木市及び近隣地区の救急対応を連日バックアップし、多数の救急車搬送を受け持っています。救急外来のみでなく、病棟研修、手術などにおいても初期研修医一人当たりが経験できる症例数は多く、primary careを修得するには充分の量と質、指導体制であると思います。また、各診療科の壁がなく、自由な交流があります。当院からは、箱根、湘南、御殿場はもとより東京、横浜まで車で1時間かからずにいけるため、余暇にはリフレッシュできます。このような環境も研修医が育つのに必要なのかなと思います。ぜひ当院に見学に来て、そして、研修医の顔を見てください。生き生きとした表情で当院について説明してくれると思います。

山下 巌
病院長/救急総合診療科
山下 巌

臨床研修医の皆さんは、新しい風です。
医療を行うものにとって、新しい風は非常に重要です。新しい知識、新しい手技、新しい診療、様々な部門で新しいことへの出会いは大切にしなければなりません。人にとって出会いは重要です。臨床研修先の指導医の背中をみて、研修医も育っていきます。研修医として社会人になったばかりの時期、仕事だけでなく、人生観、社会の中での生き方も重要な研修の一つです。我々も身を引き締めて対応する必要があります。また、それ以上に、指導医師や病院職員は、研修医をみて新しい力をもらいます。新人の方の教育を通して新しい発見もたくさんありますし、活力も湧いてきます。もちろん古くから受け継がれているもの、伝統なども美しいものもたくさんあります。新しい風と温故知新の融合が望ましいと考えます。研修医となる皆さん、ぜひ我々と一緒に進んでみませんか。

日野 浩司
臨床研修委員長/乳腺外科
日野 浩司