三思会

研修プログラム

当院の研修プログラムの特色は、1年目に麻酔科研修が週1回あることです。全員が気管内挿管、腰椎穿刺などの手技を早い段階で習得し、救急外来や病棟で活用することができます。

【プログラム例】

必修科目:内科8ヶ月・救急3ヶ月(1ヶ月分は当直)・麻酔科1ヶ月(1年次に週1回継続)・地域1ヶ月・外科2ヶ月・精神科1ヶ月・産婦人科1ヶ月・小児科1ヶ月
選択科目:上記必修科目に加え、脳外・整形・形成・泌尿器・放射線より8ヶ月選択可能

※基本的に2ヶ月クールです。
※最初に全てのカリキュラムを決めるのではなく、成長度合いや本人の希望を尊重し、次の研修科を決めていきます。
※麻酔科研修を2年目も継続することや、週1回ではなく集中的に研修することも可能です。
※産婦人科、小児科は海老名総合病院または聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、精神科は愛光病院で研修します。
また、その他選択科は聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院での研修可能です。
※地域医療では沖縄県にある南城つはこクリニックで研修を行います。

協力型病院:海老名総合病院、愛光病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
協力施設:南城つはこクリニック、とうめい厚木クリニック、愛川クリニック、東名厚木メディカルサテライトクリニック