東名厚木病院

〒243-8571 神奈川県厚木市船子232

認定
救急・紹介外来・お問合せ
FAX:046-228-0396
がんに関する相談 : がん相談支援センター
平日9:00~16:00

ブログ

糖尿病チーム

糖尿病外来部門のご紹介

2019年2月8日

今回は、とうめい厚木クリニック・糖尿病外来の最近の取り組みについてご紹介したいと思います。

【糖尿病の理解~糖尿病教室~】

糖尿病をコントロールして合併症を防ぐには、糖尿病という病気についてよく知ることが大切です。そのため糖尿病内分泌科・野口医師が2018年5月~糖尿病教室を毎月開催しています。(概要は下図の通り)初めての方にもわかりやすくご説明していますので、通院中の方はもちろん、患者さんのご家族、肥満傾向があり今後糖尿病が心配な方などお気軽にご参加ください。

(注)2月は都合により休講となります。

【糖尿病足病変~フットケア~】

高血糖が長く続くと、糖尿病患者さんの足は神経障害によって感覚が鈍くなったり、血流が悪くなったり、免疫が十分働かなくなったりして、小さな傷から潰瘍・壊疽(腐ること)に至り、足切断を余儀なくされることがあります。糖尿病担当看護師は、そうした足病変のリスクが高い方について、傷を作らないよう正しい足のケア方法についてご説明したり、医師の指示に基づき傷の処置をしたりしています。毎年2月10日はフットケアの日です。ご自身の足をよく見て、傷や変色など、少しでもおかしいなと思ったらお気軽にお声がけください。

【糖尿病性腎臓病~糖尿病透析予防外来~】

糖尿病の方の約3~4割に腎臓の合併症があると考えられています。適切な管理をしないでいると、自覚症状がないまま腎臓の機能が低下してしまい、生命維持のため透析(血液を浄化して体内に戻す)治療等が必要になります。日本では新しく透析導入になる方の4割強が糖尿病によるものであり、患者さんのQOL(生活の質)が損なわれること、医療費の増大につながることから、糖尿病患者さんの透析予防は喫緊の課題となっています。ただ糖尿病性腎臓病では、比較的早期に管理を強化すれば透析を予防・遅延させることができるのもその特徴です。具体的には、血糖・血圧・脂質管理、禁煙など、自己管理と薬剤による多面的治療が必要で、通常外来より十分時間を取ってご説明ができる専門外来<糖尿病透析予防外来>を開設しています。蛋白尿やアルブミン尿、腎機能低下を指摘されている糖尿病患者さんで、透析を予防したい、とお考えの方は是非主治医や糖尿病外来の看護師にご相談ください。

【質の高い血糖管理に向けて~持続グルコースモニタリング~】

糖尿病合併症を防ぐにはHbA1c(過去1~2か月の平均血糖値を反映する数値)を低く保つことが必要ですが、低血糖がないこと、大きな血糖変動がないことも大変重要です。昨年当院で導入したフリースタイルリブレ(アボット社)は、500円玉程度の小さなセンサーを腕などに装着して、測定器でスキャン(駅の改札でSuicaをかざすように)するだけで、血糖値に近い皮下のグルコース値を知ることができるツールです。1日数回の指先採血による血糖測定では気づけなかった低血糖、高血糖、血糖値の動きを知ることによって、食事の摂り方や運動の仕方を見直して質の高い血糖管理に繋げることができます。保険適応があるのは、注射療法を行っている方で低血糖があるなど血糖コントロールが不十分な方となります。関心のある方は、担当医や糖尿病外来看護師に相談してみてください。

糖尿病療養指導士・外来看護師 上杉 美樹

第3回糖尿病教室のご報告(後編)

2018年12月15日

前回に引き続き第三回糖尿病教室のご報告第2弾です。第2部ではサルコペニアを予防するための運動と食事についてお話ししました。

まずは運動です。理学療法士が会場の皆さまとの実技を交えて、どのように運動を日常生活に取り入れたら良いか具体的にご説明しました。例えば、テレビを観ながら椅子に腰かけ足踏みをするだけでも筋力アップに役立つのだそうです。

 

 

次にお食事です。管理栄養士が、サルコペニア予防と血糖コントロールを兼ねた献立についてご説明しました。サルコペニア予備軍の糖尿病患者さんは主菜(主なおかず)、とくに筋肉の元となるタンパク質を適度に摂る必要があります。(※ただし腎臓が悪い方は個別に医師に相談してください)手軽に利用できる市販品を用いた具体例をスライドから掲載いたしますので、参考になさってください。

 

最後に社会福祉士が高齢者を支える制度とサービスをご説明しました。年齢とともに認知・身体機能が低下し、今までできたことができなくなるなどお困りの方は、当院に通院されている方なら社会福祉士に、また通院されていない場合は、地域包括支援センターに相談してみましょう。困り果ててしまう前に相談に乗っていただくと良いですよ。

糖尿病教室のご報告は以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。アンケートでお寄せいただいた貴重なご意見を参考とさせていただき、来年も楽しくて皆さまの療養に役立つような糖尿病教室を開催したく思います。それまでの間くれぐれもお元気でいらしてくださいね。

 

 

(薬剤科 成田 千津)

第3回糖尿病教室のご報告(前編)

2018年12月12日

11/17に開催した糖尿病教室についてご報告いたします。週末の行楽日和でしたが50名を超える方が足を運んでくださいました。糖尿病チーム一同大変嬉しく思うと同時に、皆さまが熱心にメモをとる姿に身が引き締まる思いが致しました。

今回はテーマを『高齢社会と糖尿病』として、ご高齢糖尿病患者さんにとって注意が必要な低血糖や筋肉量・筋力低下(サルコペニア)への対策や、認知・身体機能が低下しても切れ目なく治療を続けるためのサービスについてお話ししました。

第1部ではご高齢糖尿病患者さんの日常を寸劇でご覧いただき、特にご注意いただきたいポイントについて○×クイズを交えながら、糖尿病・代謝内科 佐々木医師が解説しました。クイズの設問は右記の通りです。よろしければ皆さま考えてみてください。意外と難しいですよ。

(答えは最後に掲載いたします)

 

次に、超高齢社会への突入とともに問題となっているサルコペニアについて整形外科 中医師が解説しました。サルコペニアとは、加齢や疾患により筋肉量や筋力が減ることを言い、これまでできたことができなくなり、生活の質低下につながる状態で、生活習慣の改善や糖尿病の管理によって予防も可能なことから注目されています。サルコペニアが疑われる場合とは、青信号のうちに横断歩道を渡り切れないような歩行速度の低下や、握力が女性 18kg未満、男性 26kg未満に低下する場合があります。早期発見には「指輪っかテスト」が有用で、ふくらはぎと両手の指輪っかの間に隙間ができる場合には生活習慣を改める必要があるでしょう。

 

さて、お待たせしました。○×クイズの答えは…すべて×です!正答率が低かったのは⑤の「低血糖は症状が出ないほうがよい?」でした。冷や汗、動悸、手のふるえなどの低血糖症状が出ない場合、ブドウ糖を飲むなどの対処ができないまま、いきなり昏睡に陥ることがあり、実はとても怖いことなのです。このように血糖値が低くても症状がない場合、治療の見直しなど対策が必要ですので必ず主治医に相談してくださいね。

次回は第2部、サルコペニアを予防する生活習慣についてご報告いたします。

(薬剤科 成田 千津)

カーボカウント勉強会を開催しました

2018年11月13日

去る10月18日、武蔵野赤十字病院の原純也先生を講師にお招きして、医療者向けカーボカウント勉強会を開催しました。
カーボカウントは食品交換表とは異なり食事中の糖質をカウントしてお薬と組み合わせることで、血糖変動の少ない良好な血糖管理につなげる方法です。

受講者は職員50名、近隣の糖尿病専門施設から10名と盛況で、基礎から応用まで実践的に学ぶ機会となりました。
今後、より多くの患者さんがカーボカウントを活用できるようサポートしていきたいと思います。
原先生、貴重なご講演を賜り誠にありがとうございました。

(栄養科 五十嵐 忍)

11月17日 第3回糖尿病教室を開催します!!

2018年10月12日

2017年3月、9月に続いて、第3回糖尿病教室は、『高齢社会と糖尿病』をテーマに開催いたします。
糖尿病患者さんがご高齢になると、身体的にも認知機能的にも糖尿病療養を安全・適切に行うことが年々難しくなっていきます。
高齢患者さんにまつわる日常診療の一コマを寸劇仕立てとし、注意点や対策について考える機会にしていただくほか、身体機能を維持する方法、介護が必要な方への対策についても、当院スタッフがわかりやすくお話をさせていただきます。

ちなみに、11月14日は糖尿病治療にとって画期的なインスリンを発見したバンディング博士の誕生日であり、全世界で糖尿病啓発キャンペーンが繰り広げられる“世界糖尿病デー”です。

本講座の内容をぜひ身近な方にも伝えていただいて、皆様の健康管理に役立てていただければ幸いです。
参加費無料、ご予約も不要となっております。ふるってご参加ください!

Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.