東名厚木病院

神奈川県がん診療連携指定病院

認定

ブログ

糖尿病チーム

第9回三思会杯 ミニバスケットボール大会が開催されました

2022年5月6日

2022年4月16日.17日.24日に荻野運動公園・東町スポーツセンター・南毛利スポーツセンターにて、第9回三思会杯ミニバスケットボール大会が開催されました。

厚木市・愛川町の小学生を対象に、男子8チーム、女子6チームのリーグ戦で試合が行われ、男女ともに厚木MBPが優勝しました。

三思会では、これからも厚木の未来を担う子供たちのスポーツ活動を応援してまいります。

*感染対策にも十分配慮し、神奈川県バスケットボール協会の新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに基づいて実施しています。

地域の飲食店を食べて応援!おべんとうweekを開催しました

2022年4月14日

2022年3月14日~18日の5日間、おべんとうweekが開催されました。

コロナ渦で飲食店に行けないスタッフがお弁当を取寄せることで、地域の飲食店へ向けて「食べて応援しよう」という企画で始まりました。

今回は厚木市内3店舗にご協力頂き、ローストビーフやピザ、煮込みハンバーグなどのお弁当をスタッフに希望者を募り、購入させて頂きました。

5日間での注文数は239件。お店から届いたお弁当には、手書きのメッセージが添えられているものもあり、スタッフたちの新たな活力となりました。

応援いただいている地域の皆さまへ恩返しができるよう、職員一同、これからも取り組んで参ります。

快挙!!当院看護師がノーギアベンチプレス選手権大会優勝しました

2022年4月14日

3月21日(月)横浜市神奈川スポーツセンターにて開催された、第26回神奈川県ノーギアベンチプレス選手権大会にて、    東名厚木病院 看護部の金城広也さんが、66kg級で神奈川県新記録157.5kgにて優勝しました。

競技歴は約1年。筋トレを5年続ける中で目標を持ちたいと思ったことが競技を始めたきっかけとなり、週2~3回の練習を仕事とのメリハリをつけながらコツコツ続けた結果が実を結びました。

「仕事でも目標を持って、着実に取り組むことを生かしていきたい」とコメントしています。

 

第1回 糖尿病の検査 HbA1cってなに?

2021年4月16日

こんにちは。東名厚木病院検査科です。

糖尿病の診断から治療には様々な検査があります。そこで数回に分けて検査の話をしていこうと思います。

第1回はHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)ってなに?です。

  • Q1 HbA1cってどんな検査?
  • A 血液検査でわかる検査項目で血糖値コントロールのための検査です。
  • 血糖値採血時の血糖状態を示すものですが、HbA1cは1~2ヶ月間の平均した血糖状態を示します。
  • その他に1~2週間の血糖状態を示すグリコアルブミンという検査もあります。

  • Q2 HbA1cの値はどれくらいがいいの?
  • A 合併症予防のために必要なコントロール目標は7.0%未満です。ただ薬物療法により起こりうる低血糖は、死亡率上昇、認知機能悪化等の有害事象と関連しており避けなければなりません。そのため、患者さん個々の様々な背景を考慮して、医師がコントロール目標の緩和(高めの管理とすること)を提案する場合があります。

  • Q3 なんで血糖値が髙いとHbA1cがあがるの?
  • A  HbA1cとはヘモグロビンに血液中のグルコースが結合したものです。
  • 血糖値が高い状態が続いているとこの割合が多くなるためHbA1cの検査値である%(パーセント)が増加していきます。

臨床検査科 青柳 雄城

参考文献  糖尿病治療ガイド2020-2021、東大検査科糖尿病教室、魔法の糖尿病患者説明シート

11月14日は世界糖尿病デー

2020年12月7日

11月14日の世界糖尿病デーにあわせて、外来に通院されている糖尿病患者様にむけて、様々な部署から直筆のメッセージを集め、掲示いたしました(12月末まで掲示予定)。新型コロナウイルスに負けず、患者様に元気で頑張っていただきたい、また元気な姿をみせていただきたい、そんな思いで作成いたしました。また、患者様向けに糖尿病に関するパンフレットも多数ご用意しました。もし、疑問点などありましたら、遠慮なく診察のときにスタッフにお尋ねください。

また、今年は新型コロナウイルスの影響で、当院で毎年開催されている糖尿病他職種連携チームによる糖尿病教室はやむなく中止となりました。来年は開催できることを心より願っております。

クリニックの糖尿病外来は、現在、通常通りに診療が行われております。糖尿病治療目標は、良好なコントロールを維持し、合併症の発症を予防し、進展を抑制して健常人と変わらぬ社会活動を可能にすることです。糖尿病に関する医療も発展し、治療に関する考え方も日々更新されております。メッセージボードにもあるように、皆様の療養には多くのコメディカルスタッフが支援させていただいております。どうか皆様がこの新型コロナウイルスに負けず、無事に生活・通院できることを職員一同、心から願っております。

DMチーム関係者一同

Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.