東名厚木病院

神奈川県がん診療連携指定病院

認定

ブログ

糖尿病チーム

第1回 糖尿病の検査 HbA1cってなに?

2021年4月16日

こんにちは。東名厚木病院検査科です。

糖尿病の診断から治療には様々な検査があります。そこで数回に分けて検査の話をしていこうと思います。

第1回はHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)ってなに?です。

  • Q1 HbA1cってどんな検査?
  • A 血液検査でわかる検査項目で血糖値コントロールのための検査です。
  • 血糖値採血時の血糖状態を示すものですが、HbA1cは1~2ヶ月間の平均した血糖状態を示します。
  • その他に1~2週間の血糖状態を示すグリコアルブミンという検査もあります。

  • Q2 HbA1cの値はどれくらいがいいの?
  • A 合併症予防のために必要なコントロール目標は7.0%未満です。ただ薬物療法により起こりうる低血糖は、死亡率上昇、認知機能悪化等の有害事象と関連しており避けなければなりません。そのため、患者さん個々の様々な背景を考慮して、医師がコントロール目標の緩和(高めの管理とすること)を提案する場合があります。

  • Q3 なんで血糖値が髙いとHbA1cがあがるの?
  • A  HbA1cとはヘモグロビンに血液中のグルコースが結合したものです。
  • 血糖値が高い状態が続いているとこの割合が多くなるためHbA1cの検査値である%(パーセント)が増加していきます。

臨床検査科 青柳 雄城

参考文献  糖尿病治療ガイド2020-2021、東大検査科糖尿病教室、魔法の糖尿病患者説明シート

11月14日は世界糖尿病デー

2020年12月7日

11月14日の世界糖尿病デーにあわせて、外来に通院されている糖尿病患者様にむけて、様々な部署から直筆のメッセージを集め、掲示いたしました(12月末まで掲示予定)。新型コロナウイルスに負けず、患者様に元気で頑張っていただきたい、また元気な姿をみせていただきたい、そんな思いで作成いたしました。また、患者様向けに糖尿病に関するパンフレットも多数ご用意しました。もし、疑問点などありましたら、遠慮なく診察のときにスタッフにお尋ねください。

また、今年は新型コロナウイルスの影響で、当院で毎年開催されている糖尿病他職種連携チームによる糖尿病教室はやむなく中止となりました。来年は開催できることを心より願っております。

クリニックの糖尿病外来は、現在、通常通りに診療が行われております。糖尿病治療目標は、良好なコントロールを維持し、合併症の発症を予防し、進展を抑制して健常人と変わらぬ社会活動を可能にすることです。糖尿病に関する医療も発展し、治療に関する考え方も日々更新されております。メッセージボードにもあるように、皆様の療養には多くのコメディカルスタッフが支援させていただいております。どうか皆様がこの新型コロナウイルスに負けず、無事に生活・通院できることを職員一同、心から願っております。

DMチーム関係者一同

世界糖尿病週間に合わせた糖尿病教室の見合わせと糖尿病チームのその後・・・

2020年9月8日

新型コロナウィルス感染拡大に鑑み、例年11月、世界糖尿病週間に合わせて開催していた糖尿病教室を、今年度は見合わせることとなりました。

今年度ほとんどの対外的活動がとりやめとなったため、当院糖尿病チームでは気持ちを切り替え、院内スタッフ勉強会を毎月開催し、糖尿病患者さんのよりよい診療・療養に役立てようと取り組んでおります。

8月20日には、 糖尿病代謝内科 堀賢一郎医師による、糖尿病の治療・合併症の治療・療養指導についての勉強会を行いました。医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・事務職員が集まり、治療法や検査値の管理など基本的な部分を確認し意見交換を行いました。

なお、野口医師によるとうめい厚木クリニックの定期糖尿病教室、東名厚木病院入院患者さん向けの糖尿病教室は、感染対策を徹底しながら継続しております。

野口医師による糖尿病教室関連  https://www.tomei.or.jp/hospital/blog/3949/ ※2020年10月14日は中止です

入院患者さん向け糖尿病教室関連 https://www.tomei.or.jp/hospital/blog/4017/

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と糖尿病

2020年6月13日

新型コロナウイルスの感染が世界中で広がっています。新型ウイルスに感染した人の80%以上は軽症で、すでに治癒した人も多く、感染した人の98%は生存しています。無症状のケースも少なくありません。しかし、20%で呼吸困難が生じる重症や呼吸不全に至った例が報告されています。

高齢者や持病として高血圧、糖尿病、心血管疾患、慢性呼吸器疾患などがある方では、新型コロナウイルス感染症の重症化のリスクが高まるとされています。

血糖値が高い状態では、ウイルスや細菌などに対する抵抗力が落ちるため、感染症にかかると悪化しやすくなります。

感染の予防に努め、良好な血糖コントロールを維持することがとても大切です。

感染症対策
・ 石鹸による手洗い、手指消毒用アルコールによる消毒を行う。
・ マスクをつける。咳やくしゃみをするときに口をティッシュで覆うなどして撒き散らさないようにする。

3密(3つの密)を避ける!
3密(3つの密)とは、密閉、密集、密接のことです。
コロナウイルスの集団感染を防ぐため、この3つを控えることが求められます。

密閉
・窓がなかったり、換気が十分できない場所のことです。

密集
・ 人がたくさん集まったり、少人数でも近い距離で集まることです。
混雑した場所、集会や会合などがこれにあたります。

密接
・ コロナウイルスの感染経路の一つである飛沫感染(くしゃみや咳によるしぶきによる感染)を防ぐため、厚生労働省では、保つべき距離として相手との距離を2m程(最低でも1m)取ることを推奨しています。

体調が悪く食事や栄養が十分摂れない時(シックデイ)の対応
・食欲がなくても水分と炭水化物を摂るように努めて下さい。
・水分は1日1000〜1500 ml、炭水化物は1日100〜150 g摂取しましょう。
・糖尿病の薬には、食事量の変化により減量や中止が必要なものがあります。インスリン注射量や糖尿病のくすりの服薬量が判断できないときは、病院に連絡下さい。

糖尿病を悪化させないために

間食
自宅で仕事をしたり、1日の多くを自宅で過ごすことが増え、間食が摂りやすくなっているかたも多いのではないでしょうか? 間食やだらだら食べて過ごすことは避けましょう。

運動不足
外出の自粛のため、運動不足となっているかたもいるではないでしょうか?
・自宅で体操や筋力トレーニングを行うことができます。
・ 屋外の運動は、少人数で、すいた時間に、すいた場所で行いましょう。

糖尿病の定期受診はどうする?
糖尿病は継続して、検査と治療を受けることが重要な病気です。
糖尿病の診療の予約をとっている糖尿病患者さんは、通常通り受診しましょう。

受診する際も感染症予防を徹底することが重要です。
咳が出る人はマスクの着用を忘れないようにしましょう。

糖尿病・代謝内科 堀 賢一郎

医療・介護職向けの糖尿病研修会を開催しました! その2

2020年3月2日

2月13日開催の厚木食支援ネットワーク研修会において、第2回糖尿病講座を行いました。

第2回は下記の内容についてお話ししました。
①薬剤師より~高齢者糖尿病の特徴や血糖コントロール目標など(第1回の復習)
②管理栄養士より~低栄養・高血糖・サルコペニアを防止する高齢者に適した食事とは
適切なエネルギー量、栄養バランス、食事の回数、食べ方、アルコール、間食・嗜好品、塩分制限に関して
③理学療法士より~低栄養・高血糖・サルコペニアを防止する高齢者に適した運動とは
サルコペニアとは、サルコペニアや高血糖に対する運動の方法・効果、運動による低血糖を防止する方法、合併症に関する注意点

今回も多くの方にご参加いただくことができました。
アンケートでは、印象に残ったこととして、
・嗜好品を一律に禁止するのではなくQOLも重視しロカボ商品を考慮しても良いこと
・栄養バランスや、食べる順番等、小さな工夫で血糖値が改善すること
・膝や腰の痛みがあっても取り入れられる筋力トレーニングがあること
・まとまった時間がとれなくてもこまめに動くことで血糖変動が改善すること
・運動による低血糖を回避するため、事前に糖尿病薬の調整を考慮すべきこと
などが挙げられ、今後の療養支援に活かしたいとの反響がありました。

質疑応答では、進行した合併症があるなどして食事面でセルフケア行動がとれず、難渋している事例の相談もあり、実際の支援の難しさを共有しました。

◆次回延期のお知らせ
第3回(最終回)は、事例紹介を通じ、高齢者糖尿病の地域支援について意見交換ができるよう準備を進めております。
開催は3月12日を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大に鑑み、4月9日ないしそれ以降への延期を検討しております。
日程が固まり次第、下記のHPにてお知らせしますので、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。
日程のご確認・お申込みはこちら➡http://www.taberukenri.com/training.htm

東名厚木病院 リハビリテーション科 四宮 明宏

Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.