東名厚木病院看護部

教育制度教育システムについて

「人材」は「人財」が当院のモットーです!

当院では、良質な医療・看護を提供するため「優れた人材の育成」を念頭に、組織が一丸となって人材育成に取り組んでいます。看護師一人ひとりが大切な財産。そんな思いで「人材」を「人財」と考えています。
また、看護部では看護師一人ひとりがやりがいを感じられるよう、クリニカルラダーによる教育を行い、個々のニーズに応えた教育プログラムを用意しています。また、個人のキャリアアップを支援するため目標管理を行い、成長プログラムツールとしてポートフォリオを取り入れています。

主な診療内容

  • 個人のニーズに応えた教育システムです。中規模病院だからこそできる、一人一人の個性を大切に、温かく見守ります。
  • クリニカルラダーを取り入れ、様々な条件の中で働く人が無理なくステップアップできるような支援プログラムになっています。
  • キャリアアップを応援します。スペシャリストを目指す人をしっかりバックアップし、資格取得後はその専門性を発揮できる場を提供しています。
  • 教育は、強制されるものではありません。自らが専門職としてプライドを持って成長するものです。一番大切なことは「どんなナースになりたいですが?」ということです。

教育目標

  • 急性期の患者さんに対応できる総合的な知識・技術・態度を持った看護師の育成
  • 自立し、主体的に行動できる看護師の育成
  • 患者さんの人権・QOLを尊重した看護実践のできる看護師の育成

教育内容

  • クリニカルラダーによる段階教育
  • プリセプター制度
  • 看護研究(看護系大学より講師を招いてのサポート)
  • 各種院外研修・講習会の紹介と支援 (看護協会研修・各種資格取得・認定看護師など)