東名厚木病院看護部

認定看護師

資格取得支援制度

当院では、認定看護師などの資格取得を支援する体制があります。資格取得後は、それぞれの専門領域で活動できるような勤務体制をつくり、患者さんやそのご家族にとって、よりよい看護を提供しています。

認定看護師 一覧

日本看護協会認定看護師

●救急看護認定看護師
1名
●皮膚・排泄ケア認定看護師
2名
●集中ケア認定看護師
1名
●緩和ケア認定看護師
1名
●がん性疼痛看護認定看護師
1名
●感染管理認定看護師
2名
●手術看護認定看護師
1名
●摂食・嚥下障害看護認定看護師
1名

その他の認定(学会等)

●糖尿病療養指導士
3名
●3学会合同呼吸療法認定士
2名
●日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
1名
●日本病院会病院経営管理士
2名
●日本フットケア学会フットケア指導士
1名

摂食嚥下療法科のサイトはこちら

救急看護認定看護師関根 康人

多種多様な疾病や外傷を有したあらゆるライフステージの患者さんとそのご家族が対象です。生じている病態や予測される問題を理解し、緊急度や重症度を見極めて即応出来る実践、指導や相談を行いながら、病院内を組織横断的に活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師齋藤 祐子

創傷(床ずれ)、人工肛門、失禁に悩んでいる患者さんを対象としています。専門的な知識・技術をもって患者さんの立場で物事を考え、ケアを行っています。患者さんと一緒に喜んだり悩んだりすることが楽しく、とてもやりがいがあります。今後は院内だけではなく、患者さんが安全に安心して在宅療養に移行できるよう、活動の幅を広げていきたいと考えています。

皮膚・排泄ケア認定看護師檜山 由起子

現在、病棟管理者として勤務しています。高齢化社会を迎え、排泄への看護は需要が増しています。高齢者の方々のADLを維持し、自尊心を大切にし続ける看護を目指しています。また、入院前の生活を考慮して退院後の生活を見据え、患者さんやそのご家族が安心して生活を送れるよう、他職種や近隣施設との連携を大切に、日々活動を行っています。

集中ケア認定看護師具志堅 一希

疾病や手術によって侵襲を受けた方を対象に、重篤化の回避・二次障害の予防早期回復のためのケアを原理原則に基づいて実践しています。呼吸ケアや早期リハビリに関するチームアプローチを構築し、院内全体のクリティカルケア看護の質の向上に向けて活動しています。

緩和ケア認定看護師金丸 佐恵子

緩和ケア認定看護師は、最期の時まで自分らしさを一緒に考えていくことを大切にしています。日々、苦しんでいる患者さんだけではなく、ご家族の支えにもなれるように活動したいと考えています。

がん性疼痛看護認定看護師高瀬 由佳

私は、がん性疼痛に苦しんでいる患者さんに、看護師として何かできないかと思い、認定看護師を取得しました。今は、病棟でのケアだけでなく、在宅緩和ケアを受けている患者さんへのケアも行っています。今後は、病院だけでなく自宅や施設など、患者さんが一番安らげる場所で緩和ケアが受けられる体制を作っていきたいと考え、活動していきたいです。

感染管理認定看護師中嶋 君江

患者さん、ご家族、職員など、病院に関わる全ての人を感染症から守るために、感染症の監視と早急な対応、日常的な感染対策の実践指導を、組織横断的に行っています。指導する際は、「知っている」だけでなく「実践できる」ように、支援を心がけています。患者さんが安全な療養生活を送るには感染管理は重要で、身近にいる看護師の役割は大きいです。

感染管理認定看護師大谷 路子

現在は外科病棟で勤務しています。感染経路は創傷やドレーン、点滴刺入部からの感染や私たちが感染物に触れて患者さんへ媒介してしまう経路があります。病棟業務の中で、手指消毒の実施やそのタイミングの指導、感染防護具の適切な使用や環境整備に力を入れ、感染から患者さんを守る安全な医療・看護を提供できる活動を行っています。

手術看護認定看護師大澤 直子

手術は人生の中で一世一代の大仕事。覚悟が必要となる事です。手術を決断するまでにはたくさんの苦労や悩み・迷い、不安があると思います。その気持ちをサポートする為に手術看護認定看護師はいます。安心して手術に向かうための手助けをします。

摂食・嚥下障害看護認定看護師幸野 久美

超高齢社会となり、嚥下機能が回復し食べられるようになる患者さんもいますが、機能回復が見込めず経口摂取が困難となる患者さんもいます。認定看護師として、一人でも多くの患者さんに、口から食べる喜びを与えられるよう活動しています。