東名厚木病院看護部

教育制度新人教育

入職時は不安も多く、急性期病院のスピードの早さについていけるか心配されていることと思います。当院は、フレッシュパートナーをはじめ、先輩看護師のていねいな指導としっかりとした教育プログラムで、安心して仕事に取り組める体制を整えています。

年間スケジュール

年間を通じて、フォローアップ研修や看護技術演習など、多彩な研修プログラムで皆さんの成長をサポートします。約2ヶ月間のローテーション研修では、病院全体の動きを理解できます。また、職場体験を通じて、自分にあった配属部署を希望することができます。

  • 4月  合同オリエンテーション・病院オリエンテーション(本部)、医療接遇・コミュニケーション研修、安全管理研修、
       感染管理研修(本部)、看護部オリエンテーション、看護技術集合研修、ローテーションOJT(夜勤含む)
  • >>>>>>>>>>>>> 0ヶ月目臨床実践能カチェック <<<<<<<<<<<<<
  • 5月  看護技術集合研修、ローテーションOJT(夜勤含む)
  • 6月  ストレスマネジメント研修、フォローアップ研修、自己管理能力研修(本部)
  • >>>>>>>>>> 3ヶ月目臨床実践能カチェック(評価面接) <<<<<<<<<<
  • 7月  看護過程研修①、フォローアップ研修、BLS研修(7月~9月までの間で1日間)
  • 8月  安全管理研修、フォローアップ研修
  • 9月  シミュレーション研修
  • >>>>>>>>>> 6ヶ月目臨床実践能カチェック(評価面接) <<<<<<<<<<
  • 10月  医療接遇・コミュニケーション研修(本部)、創傷処置、フォローアップ研修
  • 11月  感染管理研修、認知行動療法
  • 12月  看護過程研修②(担当看護師の役割)、認知行動療法
  • >>>>>>>>>> 9ヶ月目臨床実践能カチェック(評価面接) <<<<<<<<<<
  • 1月  看護過程研修③、フォローアップ研修
  • 2月  緩和ケア研修、フォローアップ研修
  • 3月  成果発表会、看護観発表会、修了証授与式
  • >>>>>>>>>> 12ヶ月目臨床実践能カチェック(評価面接) <<<<<<<<<<

パートナーシップ・ナーシング・システム®(PNS®)における新人看護師体制

当院は看護提供方式パートナーシップ・ナーシング・システム®(PNS®)を採用しています。日々の看護は二人一組で行いますので、現場で安心して看護が実践できます。新人看護師にはフレッシュパートナー・先輩看護師が丁寧な指導や支援を行っています。

フレッシュナース

ペアの先輩と相談しながら、個別性のある看護を丁寧に実践するよう心がけています。日々ペアで行動するため、不安な点を相談しやすい環境です。また、できている点を伝えてくれるため、日々成長できていると感じます。





フレッシュパートナー

パートナーの先輩と共にフレッシュナースが少しの事でも相談できるように日々の関わりを大切にしています。3人で様々な視点から意見や考えを共有し、共に行動する事で私自身も成長でき、安心・安全に看護をすることができています。





フレッシュパートナー

フレッシュパートナーとして、フレッシュナースと一緒に考えることを大切にしています。「教える、指導する」ではなく、共に成長できるよう考えサポートしています。1年目のフレッシュな視点の気づきが学びとなるため、積極的に意見交換ができるようにしています。



2年目看護師

入職してから2年が経ちました。1年目は、先輩に相談や支援を受けながら看護を実践したことで自身の看護観を振り返ることができました。2年目からは後輩ともペアになる機会が増え、新しい気づきや学びを大切に働いています。PNSにより自身の成長に感じるだけでなく、より質の高い看護を提供できることが当院の魅力だと思います。