東名厚木病院看護部

教育制度継続教育

キャリアラダー

当院では2年目以降も継続して、皆さんのキャリアアップをサポートします。一歩一歩、確実に成長していけるようにキャリアラダーに沿ってステップアップしていきましょう。

  • 新卒ナースを
    対象とした
    最初のステップです。

    第1段階
    • 社会人・専門職業人としての自覚を持てるようにします
    • 根拠を明確にした、マニュアルに基づいた看護技術を習得します
    • 看護過程の指導を受けながら展開します
    • チームのメンバーとしての役割を果たします
  • 第2段階
    • 部署内の特殊技術に対しての知識と技術を習得・実践します
    • 受け持ち患者さんに対して、個別性のある看護過程を展開します
    • メンバーシップを発揮しつつ、チームリーダーの役割について学びます
  • 第3段階
    • 必要な看護技術に対しての知識と技術を持って、後輩の指導をします
    • 看護に対する探究心を持って、研究的態度を培っていきます
    • チームリーダーとして、リーダーシップを発揮します
  • 第4段階
    • スタッフ・学生に対し、指導者として関われるようになります
    • より専門的な知識と技術を習得できるよう、進みたい方向性を考えます
    • リーダーシップを発揮しつつ、看護管理の基礎について学びます
  • 第5段階
    • 管理的な視点を持って、創造性のある看護が提供できるようになります
    • 医療チームの連携・調整ができるようにします

パートナーシップ・ナーシング・システム®(PNS®)

患者さんに安全で質の高い看護を提供するために、2 人の看護師が良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を活かし、相互に補完し 協力し合って行う看護体制のことです。パートナーは、毎日の看護ケアをはじめ委員会活動・病棟内の係の仕事に至るまで1 年を通じて活動し、その成果と責任を共有します。「安心して看護ができる」「いつでも相談できる」など、よりよい看護提供につながっている様子が当院でも報告されています。
また、働き方改革の一つの取組みとして、日勤帯と夜勤帯のユニフォームの色を変える取り組みをしています。日勤帯は上着が紺色、夜勤帯は上着がバーガンディ色です。他職種にも看護師の勤務体制が一目でわかるようになりました。看護師自身の時間管理意識向上にも繋がっています。

実習受け入れについて

看護部では、将来の医療と看護を担う人材の育成に力を入れています。受け入れる側の私たちも、多くのことを学ぶことができます。
●厚木看護専門学校 ●湘南平塚看護専門学校  ●神奈川工科大学
●松蔭大学  ●積善会看護専門学校

実習指導者について

私たちは、すべてのスタッフがともに成長することを大切にしています。そのため、実習指導者の育成も重要だと考えています。
◎実習指導者講習会修了者:42 名

中途採用看護師

当院で働き始め半年が過ぎました。初めての転職であり、とても不安を感じていました。しかし、当院はPNS を導入しており、中途採用者でも気軽に質問したり、一緒にケアについて考えたりできる環境が整っています。そのため、日々スタッフ同士で知識を深め合いながら看護をすることができています。ぜひ、当院で一緒に働きましょう。。