東名厚木病院

TOMEI ATSUGI HOSPITAL

救急・紹介外来・お問合せ
FAX:046-228-0396
〒243-8571 神奈川県厚木市船子232

とうめい厚木クリニック

TOMEI ATSUGI CLINIC

一般外来・お問合せ
FAX:046-229-1935
〒243-8571 神奈川県厚木市船子237
予約専用

部門

医療安全管理室

平成15年9月から「医療安全管理室」を開設し、医療安全に関する業務を担っています。


基本方針

患者が安心して公正な医療を受けられるような環境を整え、医療事故を防止し、提供する医療の質を向上させる


基本指針

安全管理指針の目的

 この指針は、医療事故の予防・再発防止対策及び発生時の適切な対応など東名厚木病院における医療安全体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。

安全管理に関する基本的な考え方

  1. 医療安全に関する基本姿勢
     東名厚木病院の医療安全活動においては、「人間はエラーを犯すもの」という観点に立ち、医療事故を起こした個人の責任を追及するのではなく、医療事故を発生させた安全管理システムの不備や不十分な点に注目し、その根本原因を究明し、これを改善していくことを主眼とする。また、患者に信頼される医療サービスの提供と医療の質の向上を求めていくことを東名厚木病院の医療安全の基本姿勢とする。こうした基本姿勢をベースとした医療安全活動の必要性、重要性を全部署及び全職員に周知徹底し、東名厚木病院内共通の課題とし て積極的な取り組みを行う。
  2. 安全管理の具体的な推進方策
    (1) 安全管理体制の構築
     医療事故防止及び有害事象発生時の緊急対応について、当院では、上記を主旨とし、平成11年より「リスクマネージメント委員会」を設置し、安全な医療の提供に努めてきた。診療報酬の改定及び社会的情勢をふまえて、平成14年4月「医療安全管理指針」および「医療事故防止マニュアル」を作成し、安全な医療が提供できるように活動してきた。平成15年7月、医療安全対策を病院の組織的な取り組みとして実施するために「医療安全管理室」を設置した。一元的で効率的な医療安全管理体制を構築する。
    (2) 医療事故・インシデント等の報告制度の確立
     医療安全文化の醸成と具体的な予防・再発防止策に資するため、インシデント・アクシデントの情報収集、分析・評価、対策立案を的確に行う体制を構築する。
    (3) 職員に対する安全教育・研修の実施
     当院における医療安全に関する基本的な考え方や個別事案に対する予防・再発防止策の周知徹底のため、職員全体を対象にした教育・研修を計画的に実施する。
    (4) 有害事象発生時の対応の確立
     有害事象発生時には、患者の安全確認を最優先するとともに、事故の再発防止策を早期に検討・職員に周知徹底する。

安全管理体制

イラストKYT


医療安全管理室業務分掌

①医療安全対策の実施および推進に関すること
②医療安全推進担当者の統括及び指導に関すること
③インシデント事例の収集および分析、ならびに改善策の立案に関すること
④医療事故(有害事象)発生時の関わり
⑤医療事故(有害事象)の原因分析および対策の立案に関すること
⑥医療安全管理マニュアルの作成・指導及び管理に関すること
⑦医療安全管理に係る病院各部門と連携に関すること
⑧委員会の運営
⑨他院と連携し、相互に医療安全に関する評価を実施すること
⑩その他医療安全管理に関すること


活動内容紹介

医療安全講演会の実施

1年に2回、外部講師をお迎えし、安全管理に関する講演会を実施しています。

医療安全講演会IMAGE
平成29年10月11日(水) 17:45~19:00
テーマ:
組織で取り組む患者安全
講師 :
藤田保健衛生大学病院 医療の質・対策部 医療の質管理室 病院教授
名古屋大学大学院医学系研究科ASUISHIプロジェクトリーダー 安田あゆ子 先生
参加者:
426名
平成30年2月28日(水)、3月7日(水) 17:40~19:15
テーマ:
チームSTEPPS
講師 :
横浜市立病院付属病院 院長補佐 安全管理指導者
医療安全・医療管理学 准教授 菊地龍明 先生
参加者:
408名(2日間合計)

新入職者研修

新入職者研修IMAGE
平成30年4月6日(金)9:00~12:00
テーマ:
チームSTEPPS・当院の安全管理体制・転倒転落予防について
参加者:
新入職者80名

安全管理研修の実施

1年に10回、安全管理委員会が中心となり、職員に向けて研修を実施しています。

平成30年3月20日(火) 17:30~18:00
テーマ:
体外ペースメーカーについて
講師 :
循環器医師、医療機器安全管理者
参加者:
104名
平成30年3月28日(水)
テーマ:
せん妄とその対応
講師 :
精神科医師
参加者:
104名

ImSAFER分析の実施

1月に2回、院内で発生したインシデントアクシデントレポートから警鐘事例を多職種で分析し再発防止策を検討しています。

安全だよりの配信

2ヶ月に1回、全職員の給与明細に同封し院内で発生したインシデント・アクシデント集計や再発防止策を記載し安全な医療の提供に努めています。

三思会安全感染連携会議

3ヶ月に1回、法人内の安全管理者が集まり、医療安全における情報を共有し、安全な医療・介護提供を検討しています。

患者サポート定例会議の開催

毎週1回、患者総合支援センター、医療安全管理室、医事課、総務課、医療福祉相談室で、患者さん・ご家族からのご意見・ご要望(医療費に関すること、療養中に関することなど)や、ご意見箱への投書に関する情報を共有し、患者さんに満足のいく安全な医療が提供できるよう検討しています。


その他資料

三思会通信に医療安全に関する記事を掲載しています。その一部を紹介します。

IMAGE H: Hear (良く聴く)
相手の話をさえぎらないで適切なあいづちを入れながら最後まで辛抱強く、注意を払って聴くこと。
E: Empathize (共感する)
患者さんの不満や不愉快になった気持ちを引き起こす原因となった事実を共感すること。
A: Apologize (状況に対して謝る)
こちらに非がある、なにがしにかかわらず不快感や不具合を与えたことに対して謝ること。
T: Take responsibirity for action (問題の解決に対して責任を示す)
問題・状況を明確に理解し、ニーズに答える行動を具体的に伝えること。

これらのHEATスキルを使って、部署の中でロールプレイを行うことも有効だと思います。身近に発生したクレームに前向きに対応してゆきましょう。

医療安全教育 「医療危険予知トレーニング」の導入に関して

医療安全を実践するうえで、医療危険予知トレーニング (KYT: Kiken Yochi Training) が有効だと言われています。当院では、平成18年より導入し、医療場面における危険の感受性を高めることにより、医療事故防止に寄与しています。また、チーム医療を実践する上での、チームワーク作りに貢献しています。ここで、医療KYTを簡単に紹介します。

医療KYT(危険予知トレーニング)とは?
リスククライシス低減の原則

医療KYTは、産業界で開発されたKYT (危険予知トレーニング…住友工業和歌山製鉄所) を医療界でも活用できるように改変し、トレーニング内容も危険の多い医療現場を想定して組み立てられたものです。医療事故を減少させ、医療現場の安全文化を醸成し、患者さんへの安心な医療の提供と共に、職員も安心して医療を提供できる環境を作るために欠かせないものとして導入されてきています。

KYTを実施する上で大切な考え方
  1. リスク・クライシス低減
  2. 保全・予防
  3. 全員参加

3つの原則があります。

危険予知活動の種類

危険予知活動の種類

危険予知活動は、上図に示すように「健康問いかけKYT」「タッチアンドコール」「一人KYT」「イラストKYT」「指示だし指示受けKYT」インシデントレポートKYT」等の種類があります。

  1. 健康問いかけKYT
    職員同士が、健康状態を把握し、必要な判断・対応を加える事によりより安全な業務を実践できます。観察項目は、「姿勢」「動作」「表情」「目」「会話」の5項目です。それぞれ五感を使って観察し、気になった点、例えば、「目が赤いけれど、夕べ眠れなかったの?」とを声かけます。業務開始前に職員同士で声を掛け合いましょう!
  2. タッチアンドコール
    タッチアンドコール チームワーク作りや互いのサポート体制の必要性を意識付ける為に効果的です。例えば、下図のように、医師や看護師、栄養士や事務職員等が、一緒にチームワークを高める為に今日の目標を声に出して唱和します。手を重ねる(スキンシップ)ことで、連帯感が高まり、活動意欲を高めてくれます。
  3. 指差し呼称
    指差し呼称 一人一人が安全で確実な作業等を実施するために、眼・腕・指・耳・口を総動員して確認する方法です。誤判断・誤操作・誤作業を防ぎます。目標物をしっかり目で見て指差します。目からの情報を脳が認識、次に声に出して口輪筋を活用し、さらに手の動きを加えて、耳まで振り上げてそのまま降ろして「ヨシ!」と言います。間違いの確立は、指差し呼称すると、何もしない時に比べて、6分の1に減少するという実験結果があります。是非、指差し呼称をして間違いを減少させましょう!
  4. イラストKYT

    医療現場の危険因子を含んだイラストを準備します。イラストの中に潜む危険を考え、その危険を回避できるような対策を考えることにより、リスク感性を高めます。

    イラストKYT
  5. 指示だし指示受けKYT
    指示だし指示受けKYT 実施者のエラーの中には、的確な指示が出されていないことが原因で、エラーが発生することも少なくありません。エラーを防止するためには、指示者が、業務実施者に指示を出す際に『的確な指示』を出すことが必要です。そこで、指示者は実施者に指示内容を5W1Hで的確に伝え、実施者に復唱を求め、実施者は危険のポイントを伝えます。更に、実施者に復命(報告)を求め、安全に確実に実施されたかを確認します。また、ねぎらいの言葉をかけることでチーム意識を高めることができます。これらの事を、ロールプレイで体験して活用できるようになることが大切です。
  6. インシデントレポートKYT

    インシデントの分析の手法は、RCA、メディカルセーファー、4M4E、Pm-SHELL等があります。しかし、この4ラウンド法を活用すると、30分から1時間という短時間で、対策を立案する事が可能となります。
    この4ラウンド法は、次の表のように進めます!

    段階 目標 内容
    第1ラウンド 現状把握 「どんな危険が潜んでいるか」
    第2ラウンド 本質追究 「危険のポイント」
    第3ラウンド 対策樹立 「あなたならどうする」「わたしならこうする」
    第4ラウンド 目標設定 「私達はこうする」

    ※インシデント・アクシデントの発生した臨床現場で、なるべく早い時期に話し合いを行い、対策立案、再発予防に活用しましょう。慣れてくると、30分で1事例の分析が可能!

    これらの医療KYT活動については、「医療における危険予知活動マニュアル第1部~第5部」「医療における危険予知訓練 マニュアル ベーシック編」に詳しく掲載していますので是非、参照してください。
    (安井電子出版会、神奈川県看護協会、東名厚木病院、北里大学病院、厚生中央病院、聖マリアンナ医科大学病院、神奈川県立こども医療センター との共同企画。)

    DVD5巻 第3部 東名厚木病院 撮影

    DVD5巻 第3部
    東名厚木病院撮影

    マニュアルブック ベーシック編 改訂版

    マニュアルブック ベーシック編
    改訂版

    医療KYT活用カード

    医療KYT活用カード

問題解決型学習モデル
問題解決型学習モデル

医療事故に対する考え方は、「問題解決型学習モデル」に示すように要因分析をして対策を立案する方向へとすすんでゆきます。重要な事例の要因分析方法は、1.Medica SAFER 2.RCA 3.SHELLモデル 4.4M-4E方式 5.インシデントレポートKYT (問題解決4ラウンド法) …等が代表的なものです。
その中で、「メディカルセーファー」(河野龍太郎:医療におけるヒューマンエラー参照) を参考に分析しています。
この分析方法のメリットは、時系列に沿った情報収集に加えて当事者の心理状態も把握することが出来るため、チーム医療を実施する上で、エラー発生要因となるチームエラーの原因・コミュニケーション不足・課題を発見することが出来るといわれています。但し、インタビュアーの技術に熟練する事が必要となってくることが注意を要する点です。


イベントレビューによる分析

イベントレビューによる分析

Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.