東名厚木病院

神奈川県がん診療連携指定病院

認定

医療支援部門

院内感染対策室

院内感染対策室は2010年10月に設置され、患者さんやそのご家族、病院職員、その他の医療従事者を医療感染から守るために日々活動しています。

主な業務内容

  • 1)毎月1回、第一水曜日に委員会開催
  • 2)感染防止対策講演会(研修会)開催(年2回)
  • 3)業務内容
    (1)毎月委員会の前に院内ラウンド実施、環境整備をATP測定して委員会で結果報告と現場へのフィードバック
    (2)週1回の感染対策チーム(ICT)ラウンド実施とフィードバック
    (3)薬剤耐性菌の発生状況の把握と介入
    (4)感染対策標語・ポスターの募集、表彰、掲示
    (5)感染防止に必要な製品の見直しと新規導入の検討
    (6)院内感染対策マニュアル改訂
    (7)AST(抗菌薬適正使用支援チーム)活動
    (8)流行性疾患発生時の対策協議と院内感染対策の教育活動
    (9)サーベイランス実施
    1. 手術部位感染(JANIS)
    2. 検査部門(JANIS)
    3. 全入院患者部門(JANIS)
    4. 尿道留意カテーテル関連尿路感染
    5. 中心ライン関連血流感染
    6. 手指消毒剤使用量
    (10)地域における活動
    1. 感染対策向上加算1を算出した施設との相互評価(年2回)
    2. 感染対策向上加算2.3を算出した施設との合同カンファレンス実施(年4回)
    3. 感染対策向上加算1施設と相互評価実施
    4. 感染対策向上加算2.3.外来感染対策を算出した施設と年4回以上カンファレンス実施(新興感染症などの発生を想定した訓練を含む)
Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.