東名厚木病院

TOMEI ATSUGI HOSPITAL

救急・紹介外来・お問合せ
FAX:046-228-0396
〒243-8571 神奈川県厚木市船子232

とうめい厚木クリニック

TOMEI ATSUGI CLINIC

一般外来・お問合せ
FAX:046-229-1935
〒243-0034 神奈川県厚木市船子237
予約専用

診療科

放射線治療科

がん治療の一つで、切らずに治すことができるのが放射線治療です。
様々ながん疾患の根治的な治療、もしくは緩和的な治療行っています。
放射線治療は外来通院で行うことが多いですが、当院では病状によっては入院して治療をお受け頂くこともできます。
放射線治療の対象となるかどうか迷われる場合にも、まず「地域連携室」にご連絡下さい。

なぜ放射線でがんが治るのか?

放射線治療は放射線を照射することにより、がん細胞内のDNAにダメージを与え、がん細胞を死滅させる治療です。放射線はがん細胞のような細胞分裂の活発な細胞ほど殺傷しやすい性質があるため、正常な細胞にはあまり影響を与えずにがん細胞を殺傷することができます。
また正常な細胞は放射線によるダメージからの回復ががん細胞よりも大きいため、放射線の量を小分けにして照射することで正常細胞を回復させつつ、がん細胞をたたいていきます。

放射線の照射精度が治療のポイント

がんを効果的に治すためには、正常な細胞に放射線をあてずに、がんだけに集中的に強い放射線を照射することが理想です。
しかし今までの放射線治療装置では、がんだけに放射線を正確に照射する技術が低かったため、正常な組織にも放射線があたり副作用が生じたり、十分な放射線をがんに集中できず治療効果がなかなか上がりませんでした。

高精度放射線治療装置の導入

コンピュータ技術の発展とともに放射線治療装置は年々進歩してきました。
東名厚木病院は、2017年6月に放射線治療を開始するにあたり、最新型の高精度放射線治療装置であるエレクタシナジーを導入しました。エレクタシナジー導入により、IMRTをはじめとした理想的な放射線治療が可能になりました。

高精度放射線治療装置

最新鋭の照射技術

IMRT(強度変調放射線治療)

最新のコンピュータ技術を用いて、治療ビーム内の放射線の強度や形状を、がんのかたちや位置に合わせて変化(変調)させて照射することで、がん細胞には高い放射線量を集中させながら、周囲の正常な細胞への放射線量を減らすことができます。これにより副作用の低減と治療効果の向上が期待できます。この照射技術をIMRT(強度変調放射線治療)といいます。

前立腺がんに対するIMRTの放射線量分布図

  • 画像の赤い部分(前立腺がんがある部分)には高い放射線量を照射し、青い枠の部分に近づくにつれ放射線量を減らして照射しています。
  • 正常組織(直腸)を避け、前立腺がんに強い治療ビームを集中させることが可能なため、副作用を抑え、治療効果の向上が期待できます。
前立腺がんに対するIMRTの放射線量分布図

進歩したIMRT

VMAT(回転原体強度変調放射線治療)

さらに、東名厚木病院では治療ビームの形状・強度とガントリーの回転を連続的に変化させながら照射する、IMRTの中のVMAT法を採用しています。従来のIMRTと比較すると放射線の照射時間が短く、患者さんの身体への負担も軽減されます。

進歩したIMRT


IGRT(画像誘導放射線治療)

放射線治療では、治療開始前にCT画像でがんのかたちと位置を把握し照射の計画をつくります。がんを効果的に治すためには、その計画どおりに誤差なく、治療ビームを照射することが必要です。エレクタシナジーにはCT装置が装備されています。当院では、毎回の治療開始直前にこのCT装置を用いて、患者さんのがんの位置を再度確認し、治療計画時に撮影したCT画像と放射線照射開始直前のCT画像を照合し、照射計画とのわずかな誤差を補正します。毎回の治療開始直前に照射誤差の補正を行っていますので、高精度の治療が可能です。
この、CT画像を用いて誤差補正を行う技術をIGRT(画像誘導放射線治療)といいます。

IGRT(画像誘導放射線治療)

専門スタッフによる診療体制

最新型の治療装置の機能を最大限に発揮するために、当院では放射線治療医、医学物理士、診療放射線技師、看護師などの専門スタッフが協力して診療にあたっています。 

東大病院との連携

当院放射線治療は、東京大学医学部附属病院放射線治療部門と専用のネットワーク回線を結び、放射線治療計画装置、治療情報、検証情報などを共有し、大学病院と同じ治療環境を整えています。

患者さんの立場に立った診療

患者さんは多くの不安を抱えて治療を受けにいらっしゃいます。当院放射線治療では、すべてのスタッフが患者さんの立場に立って寄り添い、患者さんの声に傾聴する姿勢を大切にしています。 治療方針については、患者さんが充分に理解し、納得いただけるまで説明させていただきます。また、治療中に患者さんが副作用の症状を感じられた際には、迅速に診察・処置をするのはもちろんのこと、「この症状はなぜ起こるのか、どのようにすれば症状が良くなるのか」説明し、患者さんの不安を少しでも和らげるように対応しております。

Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.