診療科

腎代謝内科

腎代謝内科IMAGE

「スピーディー」且つ「寄り添う医療」を行います 種々の理由で血糖管理に難渋する症例はお任せください

腎代謝内科では、生活習慣病である糖尿病、その他内分泌疾患、腎炎、末期腎不全とその合併症を拝見しております。 健康診断や診療所、病院で「糖尿病の疑いがある」、「甲状腺等のホルモンの異常がある」、「尿に血液やタンパクが混じっている」、「eGFRが低い」などと言われ、専門医の診察を勧められた場合、お気軽にご相談下さい。
「糖尿病」や「ホルモン」の病気の合併症に対する治療についても、循環器科、外科、泌尿器科などと連絡を取り合って総合的な治療ができる体制を組んでいます。
「尿に血液やタンパクが混じっている」、「eGFRが低い」などの腎機能が低下している患者さんには、原因を調べ腎機能を改善させる治療(もしくはそれ以上悪くならない治療)を目指しております。近年新しい治療薬が報告された多発性嚢胞腎も積極的に取り組んでいます。
透析患者さんに多いシャントトラブルには、血管造影下の血管形成術を早期に対応できる体制も整えております。透析患者さんの合併症は、多方面にわたり、早期発見・早期治療のための計画的な検査をしております。

医師紹介

常勤医師

冨田 公夫(とみた きみお)

冨田 公夫
大学
1973年 東京医科歯科大学医学部卒
略歴
  • ~2013年 熊本大学大学院生命科学研究部 腎臓内科 教授
  • 2013年4月 熊本大学 名誉教授
資格
  • 日本腎臓学会指導医・専門医
  • 日本透析医学会透析指導医・専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 臨床研修指導医
専門

大山 聡子(おおやま さとこ)

大山 聡子
大学
2000年 東京女子医科大学卒
資格
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本内科学会認定内科医・指導医
  • 日本透析医学会専門医・指導医
  • 腎臓機能障害身障指定医
専門
  • 腎臓内科・透析

齋藤 快児(さいとう かいじ)

大学
2010年 福井大学医学部卒
資格
  • 日本内科学会総合内科専門医
専門
  • 腎疾患全般
一言
透析患者さんはもちろん、慢性腎臓病、腎炎、ネフローゼ症候群など、腎疾患全般にわたりお役に立てるよう頑張ります。

実績

項目 2018年 2019年
透析患者数 1,616 1,601
外来透析回数 20,470 20,141
入院透析回数 1,411 1,675

臨床研究等

2018年

大山 聡子,廣瀬 千紘,堀 賢一郎,佐々木 奈都江,菅野 勝寛,冨田 公夫
透析患者に投与していた炭酸カルシウムをクエン酸第2鉄水和物へ安全に移行した17症例
第63回日本透析医学会学術集会・総会;神戸市:2018.7.1
大山 聡子
クエン酸第二鉄水和物の使用経験
相模原CKDセミナー;町田市:2018.12.18

2017年

石川 征之,廣瀬 千紘,張 杰,堀 賢一郎,大山 聡子,菅野 勝寛,大野 我子,冨田 公夫
維持血液透析導入より13年後にEvans症候群を発症した一例
日本腎臓学会誌;59(4):p578-583:2017.4
大山 聡子,冨田 公夫
紹介の遅れた腎障害患者への対応
腎と透析;82(6):p765-769:2017.6
大山 聡子,廣瀬 千紘,堀 賢一郎,張 杰,菅野 勝寛,田村 美由紀,冨田 公夫
透析患者におけるトピロキソスタットの治療
第50回日本痛風・核酸代謝学会総会;新宿:2017.2.17
冨田 公夫
多発性嚢胞腎の最新の治療 ~ガイドラインを含めて~
第204回厚木内科集談会;厚木市:2017.11.7
大山 聡子
透析患者におけるトピロキソスタトの治療効果と薬物動態
YOKOSUKA腎疾患セミナー;横須賀市:2017.11.28
第二回東名厚木病院地域連携フォーラム;厚木市:2017.11.2
Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.