診療科

糖尿病・代謝内科

 糖尿病・代謝内科では主に糖尿病の診断・治療を行っております。糖尿病と一口に言っても様々な病型や病態(なぜ血糖が高くなったのか)がありそれぞれ治療方針が異なるため診断は大変重要です。治療においては合併症の発症・進展を防ぐため、血糖だけでなく血圧・脂質・体重・喫煙を含めた多因子管理を行っております。専門的治療を要する合併症があれば速やかに他科と連携し小回りの利く対応がとれるのも当院の特徴です。

 糖尿病教育入院では、血糖コントロールの悪化や、合併症・感染症を契機に入院された方の診断・治療・療養支援を行います。多職種が関わり、患者さん自身が病態を理解し、生活習慣をどう変えれば良いか、お薬を使う場合何に気を付ければよいかを知り行動に落とし込むことができるよう支援しております。退院後の安定期は原則としてかかりつけ医療機関で治療を継続していただきますが、その際、当院糖尿病チームと退院後療養に関わる担当者との間できめ細かな引継ぎを行い切れ目なく質の高い療養ができるよう取り組んでおります。(下図)

糖尿病チームと地域

糖尿病教室

医師紹介

常勤医師

佐々木 奈都江(ささき なつえ)診療科長

大学
  • 1998年 広島大学医学部卒
資格
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
専門
  • 糖尿病

堀 賢一郎(ほり けんいちろう)診療医長

堀 賢一郎
大学
  • 2006年 獨協医科大学医学部卒
資格
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本内分泌学会内分泌専門医
専門
  • 腎・糖尿病

臨床研究等

2019年

佐々木 奈都江
低血糖を避け良質な血糖管理を目指す当院の取り組み
第3回糖尿病多職種連携講演会;厚木市:2019.4.19
佐々木 奈都江,堀 賢一郎,大山 聡子,冨田 公夫
SGLT2阻害薬投与を契機に月経周期が改善した多嚢胞性卵巣症候群を有する肥満2型糖尿病の一例
第62回日本糖尿病学会年次学術集会;仙台市:2019.5.24
堀 賢一郎,大新田 訓承,佐々木 奈都江,大山 聡子,齋藤 快児,田村 博之,冨田 公夫
糖尿病性舞踏病の2症例
第49回日本腎臓学会東部学術大会;港区:2019.10.4

2018年

堀 賢一郎,佐々木 奈都江,大山 聡子,冨田 公夫
大腿部の化膿性筋膜炎を発症した2型糖尿病患者の1例
第61回日本糖尿病学会年次学術集会;千代田区:2018.5.26
佐々木 奈都江,堀 賢一郎,大山 聡子,沼口 大輔,山口 哲司,神山 公希,高坂 佳宏,魚谷 英之,冨田 公夫
未治療の2型糖尿病に化膿性腸腰筋炎と進行大腸癌を合併し集学的治療を行った一例
第33回日本糖尿病合併症学会 第24回日本糖尿病眼学会総会;千代田区:2018.10.20
堀 賢一郎,佐々木 奈都江
糖尿病ケトアシドーシスにて加療中に肺動脈血栓症を併発し、急死した1剖検例
第646回関東地方会 日本内科学会;千代田区:2018.11.10
Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.