診療科

形成外科

形成外科の治療対象は,頭部から足趾までの,皮膚から骨に至るまでの病変となります。
骨折に関しては顔面および手関節以遠を治療します.繊細かつスピーディに,治療を行うことを心がけております。
挫創,骨折,異物,腫瘍,蜂巣織炎,壊疽など多くの疾患を対象としております。

医師紹介

常勤医師

日下邊 直樹(くさかべ なおき)

戸代原 彬宏(とよはら よしひろ)

屋宜 佑利香(やぎ ゆりか)

非常勤医師
  • 朝戸 裕貴
  • 市岡 滋

一般形成外科

皮膚腫瘍、皮下腫瘍
皮膚と皮下の良性・悪性腫瘍および耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍などを担当します。年間で400から500例程の皮膚腫瘍の切除術を行っております。
巻き爪・陥入爪
日帰り手術またはマチワイヤーでの治療を行っております。
瘢痕形成(ケロイド、肥厚性瘢痕、傷なおし、皮膚の引きつれ)
外科的な切除及び皮弁形成術、ステロイド局所注射、内服による治療を行っております。2017年6月より電子線照射も行えるようになりました。
難治性皮膚潰瘍
糖尿病や動脈硬化による足の壊疽に対して、他科(内科、血管外科)と協力して治療を行っております。状態によっては、他院の循環器内科で治療を行うことがございます。
褥瘡(床ずれ)
褥瘡に対する外科的な治療及び局所陰圧閉鎖療法、高圧酸素療法、薬剤・創傷被覆材などを用いた保存的な治療を行っております。
熱傷・やけど
全身管理を要する、広範囲重症熱傷には対応できませんが、それ以外の熱傷には対応可能です。
悪性腫瘍切除後の乳房再建
乳房再建とは、乳がんの治療によって失われた乳房の形態を手術によりできるだけ元の形に復元することを言います。乳房再建には、腫瘍切除時に再建を行う一期的再建と再発が一定期間起こらないことを確認した後に再建する二期的再建があります。時期の選択は、乳腺外科医と相談して適切な時期を選択していただきます。いずれの時期でも、当科ではエキスパンダーと人工乳房および、下腹部や背中からの自家組織を用いた再建を行っております。
下肢静脈瘤に対する治療
血管外科と連携して、高位結紮術や静脈瘤硬化療法による治療を行っております。
顔面神経麻痺
静的顔面神経麻痺手術、動的顔面神経麻痺手術が可能です。

外傷

  • 顔面外傷
  • 顔面骨骨折 ( 鼻骨骨折、頬骨骨折、前頭骨骨折、下顎骨骨折、上顎骨骨折)
  • 顔面の軟部組織損傷( 顔面の裂創、擦過創、打撲、熱傷など)
手の外科
手指の切創・挫滅創・剥脱創、切断指、指骨骨折、腱断裂やハンマー指、神経断裂特に、手足の指趾の切創・切断に関してはマイクロサージャリー(顕微鏡を使った手術)による血管、神経の吻合を積極的に行なっております。また、急性期の外傷ではありませんが、ばね指(弾発指)に対する外科的な治療(腱鞘切開術)やステロイド局所注射も行っております。
皮膚・体表面
傷をなるべく美しく、早く治るような方法を常に考え治療しております。具体的には真皮縫合により、瘢痕(傷跡)を最低限とし、創部を乾かさないこと(保湿)により治癒を促進させます。

実績

2013年 2014年 2015年 2016年
新鮮熱傷 2 6 4 8
顔面骨骨折・顔面軟部組織損傷 18 22 7 107
口唇裂口蓋裂
手足の先天異常、外傷 63 45 29 155
その他の先天異常 4 6 4
母斑、血管腫、良性腫瘍 264 325 289 435
悪性腫瘍再建 6 5 6 9
瘢痕、瘢痕拘縮 12 20 11 7
褥瘡、難治性潰瘍 16 20 27 37
美容外科 3 6
その他 2 42 103
合計 390 497 373 866
2017年
外傷 392
先天異常 8
腫瘍 418
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 30
難治性潰瘍 103
炎症・変性疾患 62
合計 1,013

臨床研究等

2018年

南 史歩
当院での褥瘡症例22例の検討
東京大学医学部形成外科学教室第29回同門学術集会;文京区:2018.1.27
南 史歩
V.A.C.ulta Rを用いて早期に治癒がえられた糖尿病性足壊疽の一例
第16回日本フットケア学会年次学術集会; 福岡市:2018.2.9
松谷 瞳
遊離皮弁を用いた頭頸部癌再建における吻合部血管の動脈硬化と術後合併症についての検討
第61回日本形成外科学会総会・学術集会;福岡市:2018.4.12
松谷 瞳,横川 秀樹,浅野 悠,中塚 貴志
単純X線写真を用いた、下顎再建における遊離腓骨皮弁採取後の足関節評価
第42回日本頭頸部癌学会;新宿区:2018.6.14
河内 司,南 史歩,日下邊 直樹,齋藤 祐子
膝窩に生じた静脈鬱滞性潰瘍にPICOが有効であった一例
第10回日本下肢救済・足病学会学術集会;札幌市:2018.7.13
日下邊 直樹,松谷 瞳,河内 司
従来の吸収性プレートと超音波融解式吸収性プレートの比較検討
第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会;札幌市:2018.10.11

2017年

河内 司,大島 直也,大塲 純
縫縮が困難なこめかみ部の皮膚腫瘍切除後の再建 -bilateral rhomboid flapの有用性-
第60回日本形成外科学会総会・学術集会;大阪市:2017.4.11
大島 直也,河内 司,大塲 純,白石 知大,佐藤 大介,尾崎 峰,多久嶋 亮彦,波利井 清紀
気管切開を回避できるオトガイ下挿管におけるインフレーションチューブおよび気管内チューブ導出の工夫
第60回日本形成外科学会総会・学術集会;大阪市:2017.4.11
大塲 純,河内 司,大島 直也
粉瘤との鑑別に苦慮したchronic expanding hematoma(CEH)の一例
第60回日本形成外科学会総会・学術集会;大阪市:2017.4.11
南 史歩,加賀谷 優,百澤 明,匂坂 正信,水村 奈央
GIDFTM患者の乳房切除術後の乳輪乳頭部位置について -健常人男性との比較-
第60回日本形成外科学会総会・学術集会;大阪市:2017.4.12
河内 司
頬骨骨折におけるソニックウェルドRxシステムの有用性
第9回日本創傷外科学会総会・学術集会;岐阜市:2017.7.5
河内 司
救急医療における形成外科の役割 ~東名厚木病院の症例を通して~
第10回厚木・海老名病院会総会;厚木市:2017.10.14
Copyright © Sanshikai All Rights Reserved.